ここから本文です

“中の上”の悲劇:「幸せな家庭を築きたい」東大卒の理系エリートが語る平凡過ぎる人生観

東京カレンダー 9/24(土) 5:20配信

「一億総中流社会」

かつて日本はそう呼ばれていた。

「普通が一番幸せ」と今なお信じる人も多いが、それは本当だろうか?

【この記事の全ての写真】

容姿、学歴、収入。全てにおいて「中流」の少し上に位置する人間は口を揃えてこう言う。

「上を見ればキリがないが、知らなければいい世界もある。」

“中の上”に位置するが故に、上も下も、いろんな世界を見すぎて起こりうる悲劇もある。

これまで登場したのは、男友達に“中の上”と烙印を押されて困惑したメグミ。

彼女の出没エリアや恋愛観などその生態に迫った。

今回は、あえて“中の上”を選ぶメーカー勤務のイケメン・サトルの話に迫る。

“中の上”が一番幸せ?東大卒の大手メーカー勤務のイケメン

今回話を聞いたのは、大手家電メーカー勤務のサトル、31歳。細身で背が高く、笑顔が印象的な爽やかタイプのイケメンだ。学生時代はサッカー部のキャプテンだった、という話も頷ける。

「平凡な人生なので、面白い話ができるかどうか…。」

人懐っこい笑顔を向けそう謙遜するが、これまでの彼の人生は聞いている限り非の打ちどころがない。

彼は東大工学部を卒業後、そのまま大学院に進み大手家電メーカーに就職。周囲には、専門分野関係なく総合商社や外資系の証券会社に就職した仲間も多かったというが、機械いじりが好きだった彼は「メーカー以外の選択肢はなかった」と話す。

現在、新製品を開発する部署で活躍するサトル。技術者としての能力はもちろんコミュニケーション能力にも非常に長けており、社内でも将来を嘱望される人物の一人だと聞いた。

しかし彼が語る将来の夢は、物心ついたときから一貫していた。

「僕の夢は、幸せな家庭を築くこと。平均的より少し上の年収をもらって、あとは家族を大切にしたい。“中の上”って実は一番幸せなんじゃないかな。」

現在、彼の年収は800万円ほど。多くを望まない、それが彼の特徴だった。

全てを器用にこなすがそれ以上を求めない男

彼には野心というものがまるでないようだ。

「こんなこと言うと嫌味に聞こえるかもしれませんが…。」

彼はこう続けた。

「仕事をして改めて気づいたのですが、僕は他の人の半分くらいの力で全てをこなせるんです。」

受験勉強、就職活動、昇進試験。自分の実力以上の結果を望んだことはなく、全てを器用に“こなしてきた”というサトル。

「これまでの人生で大きな挫折がないのが、僕の一番の弱点です。」

自嘲気味にそう言った。

しかし、ここで一つの疑問が湧いた。「幸せな家庭を築くこと」が夢だという彼が、31歳で未だ独身なのはなぜだろう?

1/2ページ

最終更新:9/24(土) 5:20

東京カレンダー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京カレンダー

Tokyo Calendar.Inc

2017年1月号
11月21日発売

定価800円(税込み)

RESTAURANT OF THE YEAR 2016
年末飲まずにいつ飲むの? 泡酒Award 2016