ここから本文です

東カレ読者に聞いた、年代別ひと夏の恋愛事情!みなさんどのような場所で出会っているの!?

東京カレンダー 9/24(土) 5:20配信

肌寒い季節となり、いよいよ秋本番!みなさんはこの夏を振り返って、どんな思い出を考えますか?

【この記事の全ての写真】

今回は先日実施した「教えてください、ひと夏の恋愛事情」のアンケートを元に、東カレ読者がどんな場所で出会ったのかを年代別に発表していきます。(アンケートへの回答、ありがとうございました!)

はたして年齢によって出会いの場に変化はあるのでしょうか……!


有効回答数:527
男女比:男性24.3%(128人)、女性75.7%(399人)

Q.この夏、出会いはありましたか?

約半数の人がこの夏、出会いがあったという結果に。シーズンを限定しているため、通常よりも出会いは限られてしまうことでしょう。さらにここから、年代別で見ると20代は53.7%、30代は45.4%、40代は35.3%と若ければ若いほど、出会いは多いようです。

続いては年代別に出会いの場を見てみます!

20代の場合

出会いは「マッチングアプリ」と「お食事会」がほとんど!

「マッチングアプリ」という結果は、若いからこその“トレンド”な出会いなのでしょうか?「お食事会」は大体予想がつきますが、同じくらいの数でマッチングアプリで出会っているという人がいました。

最近はフェイスブックで連携しているため、相手の素性が解り一昔前の出会い系のような「会ったら全然違う人だった!」ということもさほどありません。

さらに自分がいいと思った人とマッチングしていなければ、メッセージ交換もできない仕組みなので、最初からお互いに好意を寄せてスタートができます。そういった意味でも、相手に探りながらデートを誘う必要もないので普通の出会いより手っ取り早いのかもしれませんね。

その他に夏らしい出会いでは「BBQ場」や「ビアガーデン」という答えもありました。20代という若さだからこそ、こういった場でも出会いとなるのでしょう。

また「どこまで発展したのか?」という質問を男女別に見てみると、男性は「現在交際中」という答えが一番多いのに対し、女性は「大人の関係になった」という答えが多い結果に。その後の関係についても女性は「友達でいたい」とかなり割り切っている様子。

「友達でいたい」を選んだ女性の方からは以下のような回答がありました。
・彼氏がいるから
・自分の時間を割いてまで、デートする相手ではない
・イケメンだけど遊んでいそうだからこのままでいい
意外とシビアな意見ばかりです。

夏の恋に対しては20代女性は、交際人数にカウントせずノリもあるのでしょうか。続いては30代を見てみたいと思います。

1/3ページ

最終更新:9/24(土) 5:20

東京カレンダー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京カレンダー

Tokyo Calendar.Inc

2017年1月号
11月21日発売

定価800円(税込み)

RESTAURANT OF THE YEAR 2016
年末飲まずにいつ飲むの? 泡酒Award 2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。