ここから本文です

今年の新店の中でも特にコスパが抜群な、都内で予約すべき名店6選

東京カレンダー 9/24(土) 5:20配信

2016年も残り僅か。ここに来て話題店のオープンが続き、盛り上がりを見せている。今回は、今年誕生したレストランからコスパどころか、お得すぎる6軒を紹介!シャンパンバーから和食店まで、現在の東京で、いち早く予約すべきレストランはココだ!

【この記事の全ての写真】

ローラン・ペリエが¥600!? 銀座で泡はココが賢い!『バブルズ ギンザ シャンパンカフェ』

「女性ひとりでもカフェ感覚でシャンパンを楽しんでほしい」とオープンした一軒。「シャンパンアンサンブル」は、2,200円で3種類が味わえるお得なセット。「ローラン・ペリエ」「アヤラ・ロゼ・マジュール」「キャティア」など、有名メゾンがそろう。

オーダー時に1杯を「ミモザ」や「シャンパンモヒート」などのカクテルに変更することも相談できる。ランチタイムには、なんとプラス600円で、「ローラン・ペリエ」が1杯セットに。しかも17時までという嬉しい設定だ。銀座の相場の半額以下!?

食べ応えあるランチメニュー。「生ハムとアボガド、モッツァレラチーズの雑穀パワーサラダ スタッフドバケット付き」¥1,200

シャンパンとの相性を考慮した料理。「サーモンのタルタルシャンパンソース」¥1,800

女性同士で訪れたい、華やかな雰囲気

全種制覇不可能なグラスワインが40種!『カルム』

店名は「穏やかな」や「凪」の意。首都高と山手通りが交差する窓の景色とは対照的に、店内には、ゆったりとした居心地のいい時間が流れる。

「どのワインを選ぶかは、料理やお客様、時間帯、その場の雰囲気を読み、パズルをはめるようなものですね」と語るのは、オーナーソムリエの佐野敏高氏。リストはなく、日々次々とワインが抜栓されるため、常時40種類以上がグラスワインとしてスタンバイする。フランスやイタリアなどに加え、オーストリアや南アフリカなど、実に幅広い。

息をのむような料理を担当するのは、『アピシウス』や『urura』で共に働いていた植松裕喜シェフ。カウンター席に座れば、奥の厨房で料理が完成する様子が望める。

爽やかなソースでいただく。「季節野菜のエチュベ コリアンダーの香り」¥1,080

広々とした店内は、夜になるとワインを求める人で賑わう

1/2ページ

最終更新:9/24(土) 5:20

東京カレンダー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京カレンダー

Tokyo Calendar.Inc

2017年1月号
11月21日発売

定価800円(税込み)

RESTAURANT OF THE YEAR 2016
年末飲まずにいつ飲むの? 泡酒Award 2016