ここから本文です

恋人と「1日数回こまめにLINEしたい」男子 半数超

R25 9/25(日) 7:01配信

女性との会話でよく聞くのが「彼氏と毎日LINEしたい!」「私、あんまり頻繁に連絡しない」など、「恋人との連絡の頻度」に関する希望。どちらにもメリットデメリットがありそうだけど、オトコ側の意見はどうなのか? 20~34歳の男性会社員200人に、「恋人との(LINEなどでの)連絡頻度」について、アンケート調査した。(R25調べ/協力:アイリサーチ)

〈「付き合いたい」と思うのはどっち?〉

・1日10回以上こまめに連絡が来る女性 50.0%
・週1回程度しか連絡が来ないズボラな女性 50.0%

やや両極端な選択肢に対して、結果は見事に二分され、彼らの思うところは様々のよう。自分と彼女、どちらのほうが“好き”かなどにも左右されそうだが、実際どんな狙いで選んだのか。それぞれの意見を聞いた。

●「1日10回以上こまめに連絡が来る女性」派の意見
「連絡してこないと不安になる」(28歳)
「正直ウザいけどかわいい」(28歳)
「面倒くさい部分はあるが、それも含めて付き合うということだと思うから」(34歳)
「熱烈な感じがきもちいい」(24歳)
「まめな方が信頼できるから」(32歳)
「束縛する分浮気の心配はなさそうに感じる」(32歳)
「ただし、好みのタイプじゃないと絶対ダメ」(33歳)

●「週1回程度しか連絡が来ないズボラな女性」派の意見
「毎日連絡が来るのは最初はうれしい。でもだんだん面倒になってくるから少ない方が良い」(24歳)
「追われたくない」(24歳)
「気が楽」(31歳)
「束縛されたくない」(31歳)
「連絡があり過ぎると束縛されている感じがある」(32歳)
「1日何回もするとマンネリ化しそう」(27歳)

「こまめ」なタイプを選んだ方が恋愛に積極的、「頻繁」なタイプを好んだ方は消極的…のような印象を受ける。また、頻繁な連絡を「束縛」ととらえる男たちの意見も目立った。では、少し質問を変えて、希望する連絡頻度をきいてみよう。

〈どれぐらいの頻度で恋人と連絡したい?〉

・1日数回は、こまめに連絡したい 52.5%
・週1回ぐらいで十分 47.5%

基本は女性にこまめな連絡を求める人は、自分もこまめに連絡したい、と考える人が大多数で、その逆もしかり。それぞれ、自分からの連絡をどうとらえているのだろうか。

●「1日数回は、こまめに連絡したい」派の意見
「音沙汰が無いと不安」(28歳)
「当然のことだと思う」(26歳)
「変に距離をあけたくないから」(29歳)
「相手と会わないときに連絡しあうと嫌なことがあっても気が紛れるので」(32歳)
「我慢できずに、連絡してしまう」(34歳)
「コミュニケーションは必要だと思う」(30歳)
「お昼休みとかにも話したい」(26歳)
「と思っているけどうざいと言われるので自重したい」(27歳)

●「週1回ぐらいで十分」派の意見
「連絡する必要もないのにだらだらとLINEをするのはめんどくさいから」(24歳)
「あまり多すぎるとマンネリになる」(34歳)
「めんどくさいのは勘弁」(34歳)
「気持ちにゆとりができる」(30歳)
「会ったときにたくさん話したいと思うから」(30歳)

「寂しい」「距離をあけたくない」など、意外とマメな男子は一定数いるようだが、「週1回ぐらいで十分」派には「最初は楽しいが 、後々めんどくさくなる」(27歳)というコメントも寄せられており、これ、男子的には真理かも。

最初は頻繁に連絡して、次第に減っていくのがもっともよくないパターン。「釣った魚にはエサをやらないのね」なんていわれないようにしたいものですね。
(梵 将大)

(R25編集部)

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびR25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

最終更新:9/25(日) 7:01

R25

記事提供社からのご案内(外部サイト)

R25[アールニジュウゴ]

リクルートホールディングス

特別号は随時発行。編集部の
お知らせなどで告知予定

0円

[特集テーマ]更新中!
・会社では学べない!ビジネスマン処世術
・お得に、スマートに、マネー得々大学院
・恰好いいパパに!オトコの子育て道場

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。