ここから本文です

歯科技工士が証言 歯科医が撤去した銀歯を再利用する例も

NEWS ポストセブン 9/25(日) 7:00配信

 歯科治療には欠かせない、クラウン(被せもの)や入れ歯などを製作するのが「歯科技工士」だ。重要な役割を担っているにもかかわらず、低収入、長時間労働を強いられ、その結果、銀歯の精度が低下して虫歯の温床となる等、患者にも多大な影響が及んでいる。

 今回、東京、名古屋、大阪、神戸、福岡の歯科技工士から話を聞いたところ、共通して歯科医の理不尽な要求や、パワハラまがいの言動も挙った。

 技工指示書に疑問点があったので、歯科医に質問したところ、「機嫌悪くなって、『そんなの知るか! 出て行け!』って言われたことがあります。トラブルがあったわけでもないのに、その仕事は全部お返ししました」(神戸の歯科技工士)という。

 最も多かったのが、『再製』と呼ばれる作り直しを無料で要求されるケースだ。

「技工士を歯科医の奴隷と勘違いしている歯科医がいます。“クラウンの装着に失敗したから、やり直して下さい。再製です”とある歯科医が要求してきました。2回作ったら私らの利益はゼロです。そう言っても“他のラボは黙って作り直してくれる”って。腹に据えかねて“お前らの犬ちゃうぞ!”とケンカして関係は切れました」

 銀歯の場合、技工の精度が低かったり、長期間の経過で脱落するケースがある。そうした銀歯が、患者には知らされないまま“再利用”されているとの驚くべき証言もあった。

「歯科医が撤去した銀歯を集めて、技工所で溶かして再利用させるケースは沢山ありますよ。これは溶かした時に、とても臭い匂いが発生するんです。高温だから、雑菌はなくなるだろうけれど、私はやりたくはない。先生としては、保険で同じ額が請求できるから、金属代が丸々浮いて儲かる。本当はダメなはずですけど、業界の暗黙の了解です」(50代歯科技工士)

 保険の銀歯に使用されている金銀パラジウム合金は、価格が高騰して10年前の2倍になっている。これに目をつけた一部の歯科医が、許されざる不正行為を行なっているとの証言も複数得られた。

1/2ページ

最終更新:9/25(日) 7:00

NEWS ポストセブン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。