ここから本文です

北海道の台風被害は甚大 支援は「行く、食べる、納める」で

NEWS ポストセブン 9/25(日) 16:00配信

 北海道の台風被害は1680億円にのぼるという。そのわりには東京のメディアからの報道は少ないのではないか。食文化に詳しい編集・ライターの松浦達也氏の十勝レポート続編をお届けする。

 * * *
 8月に北海道と岩手を襲った4つの台風。激甚災害に指定されるほどの規模で被害をもたらし、現地ではいまだ復旧、復興への道半ばだ。北海道の試算では、道全体の被害総額は、1680億円に上るという。

 だが東京にいると、その後の被災状況はあまり見聞きしない。一部の番組でNHKは力を入れたが、台風が過ぎ去った後、特に民放ではその爪痕を見聞きすることはあまりなかった。なぜか。札幌に本社を置く地方局の社員はこう語る。

「在京キー局の情報番組は、他のキー局や新聞報道を横目で見ながらネタを選ぶことが多い。加えて地方局とはいえ、北海道は広大です。帯広にも支社、支局があるとはいえ人員にも限りはあるし、カバーエリアも広い。ひとつの映像を撮るのにかかる手間が、内地とはまったく違う」

 十勝エリアは北海道内でも最大の面積で、全国の都道府県と面積で比較すると全国7位の岐阜県よりも広い。被災現場の映像ひとつ撮りに行くのも苦労するというのだ。ニュースなどで十勝が台風被害を受けていたのは知ってはいた。だが実際、9月中旬に十勝を訪れて、いかに十勝の被災状況を知らなかったか思い知らされた。

 以下に、農家や周辺の関係者から拾った声を順不同で記す。

「そもそも今年は雨が多く、麦の収穫が8月下旬になった畑もあった」

「台風で、じゃがいもが根こそぎやられた」

「とうもろこしも、雨が多すぎて元気がなかった」

「雨に弱いブロッコリーの葉が伸びず、一部は腐ってしまった」

「芽室川が氾濫して、飼っていた牛が何頭か持っていかれた」

「敷地内を流れる小川にかかっていた橋も、川の氾濫で持っていかれた」

「増水した激流で、周辺の地形まで変わってしまった」

 前回も書いたように、「輪作」を畑作様式とする十勝では、前に植えた作物を収穫・回収しなければ次の作物が植えられない。台風でぬかるんだ畑に大型機械が入れないダメージが、次の作物にもダメージを与えてしまう。

1/3ページ

最終更新:9/25(日) 16:00

NEWS ポストセブン

なぜ今? 首相主導の働き方改革