ここから本文です

土屋太鳳×山崎賢人の映画「orange」を初放送!

Smartザテレビジョン 9/25(日) 12:30配信

10月1日(土)にWOWOWシネマにて、昨年12月に公開され興行収入32億円を記録した映画「orange-オレンジ-」が放送される。

【写真を見る】映画「インターステラー」は、愛娘を地球に残し宇宙の彼方へと旅立った父と娘の絆の物語

本作は高野苺の人気コミックを映画化したもので、連続テレビ小説「まれ」('15年、NHK総合ほか)で夫婦を演じた土屋太鳳と山崎賢人が、再びタッグを組んだことでも注目された。

物語は高校2年生になった菜穂(土屋)のもとに、10年後の自分から手紙が届くことから始まる。その手紙に書かれていたのは、転校生としてクラスにやって来る翔(山崎)を好きになること、翔が1年後には亡くなっていること、そしてその未来を変えるためにやるべきこと。

最初はいたずらだと思っていた菜穂だったが、手紙の通りに出来事が起こり、やがて10年後の自分が後悔しないよう運命を変えることに挑む…というストーリー。

土屋と山崎は共に、本作で「第39回日本アカデミー賞」新人俳優賞を受賞した。

なお、土屋は10月8日(土)夜8時から同じくWOWOWシネマで初放送される、映画「図書館戦争 THE LAST MISSION」にも出演している。

また、同局では「時空を超えたストーリー」特集と題し、「orange-オレンジ-」の初放送と同日の10月1日に、'14年のアメリカ映画「インターステラー」と、'13年のイギリス映画「アバウト・タイム~愛おしい時間について~」を放送する。

「インターステラー」は、まな娘を地球に残し宇宙の彼方へと旅立った父と娘の絆の物語。「アバウト・タイム─」は映画「ノッティングヒルの恋人」を手掛けたことで知られるリチャード・カーティスが監督と脚本を務めた、タイムトラベラーの家系に生まれた青年を追うロマンティックSFコメディーだ。

最終更新:9/25(日) 12:30

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
11月30日

特別定価:350円

表紙:岡田准一
みくり&津崎ムズキュン対談
秋ドラマ妄想結末予想
ジャニーズどデカ写真集

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。