ここから本文です

食べて撮って楽しむ!カプリチョーザのハロウィンフェア

東京ウォーカー 9/25(日) 16:57配信

カジュアルイタリアンレストラン「カプリチョーザ」が、10月1日(土)から10月31日(月)の期間、一部店舗を除く国内の各店で「ハロウィンフェア」を開催する。

【写真を見る】じっくりとソテーしたベーコンと揚げカボチャ、パルミジャーノチーズをトッピングした「かぼちゃのスパゲティ、なめらかカルボナーラ仕立て」(税抜1100円)

同フェアでは、ハロウィンのシンボルであるカボチャを使用したパスタメニュー「かぼちゃのスパゲティ、なめらかカルボナーラ仕立て」(税抜1100円)と、デザート「カプリチョーザのハロウィンドルチェ」(税抜480円)の2アイテムを期間限定のスペシャルメニューとして提供。さらに、定番デザートとして人気の「北海道産カボチャのタルト」(税抜480円)もオススメだ。

期間中は、「ハロウィンフォトコンテスト」も開催。「カプリチョーザ」でハロウィンを楽しんでいる写真を、カプリチョーザ公式ホームページまたは公式Facebookページから投稿すると、応募作品の中から大賞賞品として「ペアお食事券(5000円相当)」、入選賞品として「カプリチョーザオリジナルトートバック」が各5名にプレゼントされる。

限定メニューが味わえるカプリチョーザのハロウィンを、家族や友達と一緒に楽しもう!【ウォーカープラス編集部/ホシ】

最終更新:9/25(日) 16:57

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。