ここから本文です

い・け・な・い素人ポルノスターたちの世界――性器を晒して100万円!? ライブチャットで儲けるカラクリ

サイゾー 9/25(日) 15:00配信 (有料記事)

――どんなに動画サイトが勃興しても、結局話題になるのはテレビでもおなじみの人ばかり。そんな中「素人」に付加価値のつく動画がある。それが、ライブチャットだ。自らの痴態をアップして、人気者へと成り上がる素人ポルノスターが世界中で増えているらしいが、同時に怪しい噂も見え隠れ。そんなアングラなエロの裏側に迫る。

 アダルトサイトの世界で、ライブチャットが存在感を増している。ライブチャットとはウェブカメラでライブ動画をネット配信しながら、マイクで話したりタイピングでコメントしたりするサービスだ。アダルトとノンアダルトの2種類があり、前者は配信者がコメントしてくる視聴者たちの要望にこたえて服を脱いでいき、下着姿や手ブラになる。ただ、後者でも主となるやりとりは下ネタ。そこから、さらにツーショットとパーティチャットに分かれる。ツーショットは配信者のチャットルームに、ひとりの視聴者だけが入室し、やりとりするビデオ電話のようなもの。パーティは複数の視聴者が、配信者のいるチャットルームに入室するというものだ。

 ライブチャットにはパソコンの画面を通して、タダで痴態を見せてくれる“女神”たちがいるというわけではない。彼女たちの目的は金だ。ライブチャットには誰でも見られる無料配信だけでなく、クレジットカード払いでポイントを購入した視聴者のみが見られる有料配信がある。そこでは、配信者がリアルタイムで視聴者が支払った金で服を脱ぎ、裸体だけでなく、性器が映りそうなぐらいのオナニーまでも見ることが可能。そして、視聴者が払った有料ポイントを手数料は差し引かれるが、配信者は現金化できる。そのため“IT系風俗”という認識が一般的である。

 配信者と視聴者のやりとりや動画内容は、日本でも海外でも大差ない。しかし、そんなライブチャットをめぐる環境は大きく異なるようだ。性風俗研究家・松沢呉一氏は、海外の大手ライブチャット『CAM4』を長年ウォッチしてきた経験を語った。

「世界中のあらゆる国からさまざまな人が配信しています。ゲイなどセクシャルマイノリティが多いのもCAM4の特徴です。どこまで仕込みかはわからないですけど、“仕事中”と言って、職場らしきデスクの下にカメラを設置してパンチラ配信する人もいました。また、日本人でも普段はニコ生で配信している女の子が裸で下手なバイオリン弾いていましたよ。エロが前提にあるんですけど、個人的にはYouTubeを観る感覚にも近い。パフォーマーの工夫が面白いんですよ」本文:11,167文字 この記事の続きをお読みいただくには、サイゾーpremium for Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    432円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    378円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

最終更新:9/25(日) 15:00

サイゾー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

サイゾー

株式会社サイゾー

2016年12月号
11月18日発売

定価980円

【視点をリニューアルする情報誌】
第1特集:人気映画の裏話
第2特集:「アスペ」増殖論争勃発か?
第3特集:「春画」ブームの正体

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。