ここから本文です

TOKIO、キンキ、V6…J-FRIENDSの“大乱闘”再び! 『Mステ』で見せたグループ超えた団結力

リアルサウンド 9/25(日) 7:00配信

 ミュージックステーションの30周年記念特別番組『MUSIC STATION ウルトラFES 2016』(テレビ朝日系)が放送された。日本に影響を与えた名曲が次々と披露され、豪華アーティストが集う、まさにフェスティバルな回となった。

 目玉のひとつとなったのが、ジャニーズウルトラヒットメドレー。2011年デビューのSexy Zoneから1994年デビューのTOKIOまで、計10組が登場。ジャニーズの層の厚さを実感する顔ぶれだ。

 なかでも、ファンを喜ばせたのはTOKIO、KinKi Kids、V6の3グループが同時にステージに立ったこと。そう、この3組といえば、“J-FRIENDS(ジェイ-フレンズ)”である。

 J-FRIENDSは、1995年に発生した阪神・淡路大震災を受けて、関西出身のメンバーのいる3組で1997年に結成されたスペシャルユニット。CDやライブで得た収益の一部を義援金として寄付し、募金を呼びかけるなどチャリティ活動を行なった。

 震災発生当時の小学1年生が義務教育を終了するまでを期限としたことから、2003年にミッションを完了。しかし、その作品のクオリティの高さ、グループを超えたメンバーの仲の良さから、J-FRIENDSとしての活動を終了することを惜しむ声が後を絶たなかったのだ。今回の放送では、そんな懐かしいメンバーが集結した姿に旨が熱くなったファンも少なくないだろう。

 この3組の魅力は、言わずもがな本物のエンターテイナーであるということだ。アイドル=ファンサービスではなく、パフォーマンスで観客の心を掴むコンサートにこだわり続けているKinKi Kids。バラエティや演技など、それぞれが第一線で活躍しながらも、6人で集まると圧倒的な存在感のあるダンスパフォーマンスで魅了するV6。そして、バンドマンとしての実力を評価されて、ロックフェスでも多くの観客を興奮の渦に巻き込む力を持ったTOKIO。それぞれが約20年という時を経て、才能に磨きをかけているのは周知の通り。「今、J-FRIENDSとして作品に取り組んだら、どんなものが出来上がるのだろう」そんな期待が込み上がらないわけがない。

 そして、何よりもこのメンバーが集まると、男子校ノリの息の合った掛け合いがたまらなく面白いのだ。今回の放送でも、MCのタモリがメンバーの交流について尋ねると、堂本剛が岡田准一をいじるところからスタート。それに負けじと長瀬智也が「堂本光一とご近所に住んでいて、箸をもらいに行った」という仲良しエピソードをぶつける。すると、畳み掛けるように、剛が「付け髭を取りなさい」と岡田にからんでいくのだ。

 そんなイチャイチャが続くと、異議あり!といわんばかりに国分太一が「森田剛が電話番号を教えてくれない」と口火を切る。これは大きなボケの予感。すると案の定、森田が国分のことを「キライなんです」とバッサリ。「教えろー!」大暴れする国分を他のメンバーが止める、と見せかけて大乱闘。すると最年長であるリーダーこと城島茂が涙を流して「ケンカは、やめぇ」となるのだ。

 実はこの大乱闘は、J-FRIENDSとして活動していたときからのお決まりのパターン。大抵がTOKIOの誰かがケンカをふっかけるところから始まり、そして、大乱闘のどさくさに紛れて、リーダーが泣くか負傷する振りをして「争いは何も生まない」とケンカを憂いて、ハッピーエンド…という、いわば鉄板の団体芸コントなのだ。

 いつも年長のTOKIOから発端となってワチャワチャしているのだから、年下メンバーものびのびとボケたり、ツッコんだりができるのだろう。そんな自由な雰囲気の中では、今や名司会者の1人となっている井ノ原快彦も、「松岡昌宏、国分太一と「『ブラックエンジェルス』というユニットを組んで、観客がいないコンサートをした」と、くしゃくしゃの笑顔で嬉しそうに語る。もちろん、松岡も国分も「そうそう」と近づいてきて、トークをサポート。誰かが投げたボールを、常に受け取ってくれる信頼関係が、見ているこちらを笑顔にしてしまうのだ。

 このグループを超えた団結力こそ、ジャニーズの底力だと改めて感じた今回のステージ。見ている誰もが平和な気持ちになってしまうジャニーズ文化が、これからも続くことを期待したい。そして、個人的な希望だが、J-FRIENDSの復活も検討していただけないだろうか。

佐藤結衣

最終更新:9/25(日) 7:00

リアルサウンド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。