ここから本文です

ついにタイガー・ウッズがツアー復帰を表明。サプライズ登場説も浮上

webスポルティーバ 9/25(日) 12:21配信

WEEKLY TOUR REPORT 米ツアー・トピックス

「ハロ~、ワールド~」

 この言葉を覚えているだろうか? これは20年前、1996年8月にプロ転向を表明したときの、タイガー・ウッズ(40歳/アメリカ)の第一声だ。

【写真】日本女子ゴルフツアーに参戦の美女ゴルファーたち。香妻琴乃ほか

 スタンフォード大学の2年生だったウッズは、その前週に全米アマチュア選手権で史上初の3連覇を達成したばかり。その動向にますます注目が集まる中でのプロ入り発表に、ゴルフ界のみならず、世界中が大いに沸いた。

 その際、冒頭に発したウッズの言葉は、「これから僕は全世界に旅立つんだぞ。その世界へ、ちゃんと挨拶しなくちゃね」という、壮大な意思表明として捉えられた。そして事実、ウッズはプロ入り後、次々とゴルフ界の記録を塗り替えていった。

 そんなウッズのプロ20周年を祝って、最近アメリカでは多くのメディアで、これまでのウッズの功績を改めて紹介する特集が組まれている。そこでは、ツアー通算79勝、メジャー勝利数14という素晴らしい記録を称えるとともに、ウッズの本当の功績は「ゴルフが人種を超えたスポーツになったこと」であり、さらに「アスリートゴルフの確立」だと称賛されている。

 さて、そのウッズがついに公式戦への復帰を表明した。

 2016-2017シーズンの開幕戦、セーフウェイ・オープン(10月13日~16日/カリフォルニア州ナパバレー)で復帰するという。ウッズにとっては、昨年8月のウィンダム選手権以来、およそ1年2カ月ぶりの実戦となる。

 復帰を決めたウッズが語る。

「ようやく、自分がカンファタブル(快適な。居心地がいい)に感じるスイングができるようになった」

 実は、ウッズは昨年の同大会であるフライズ・ドット・コムオープン(大会名は今年から変更)に出場する予定だった。なぜか? 話は2012年に遡(さかのぼ)る。

 PGAツアーでは、メンバーが大会期間中に他のツアーに出場することに制限を設けている(開催地が母国の選手や欧州ツアーメンバーは除く)が、2012年10月、ウッズはフライズ・ドット・コムオープンの開催週に、トルコで行なわれた別のエキシビション大会に出場。そのときにウッズは、「今回(トルコの)エキシビションに出場する代わりに、3年以内にフライズ・ドット・コムオープンに出場する」という約束を、PGAツアーのフィンチェム会長と交わしていたのだ。

 ただ、昨年は腰の手術を受けた直後で残念ながら出場を断念。ならば、「ぜひ今年こそ」という形で、今回当時の約束を果たすことになった。

 舞台は、北カリフォルニアのナパバレーにあるリゾートコース。南カリフォルニア州出身のウッズだが、大学時代は北カリフォルニアで過ごしていただけに、馴染みの深い場所でもある。

 おかげで、「(ウッズの)復帰戦として完璧の舞台。今年は、大会史上最多のファンの来場が見込まれる」と、関係者も大いに盛り上がっている。地元ファンも、待望のウッズ参戦に胸躍らせていることだろう。

1/2ページ

最終更新:9/25(日) 12:21

webスポルティーバ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sportiva

集英社

Sportivaムック
11月10日発売

定価 本体1,389円+税

フィギュアスケート特集
『羽生結弦 未来を創る人』
■羽生結弦 インタビュー、エッセイ
■羽生結弦 フォトギャラリー

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。