ここから本文です

メジャー史に残る名手イチロー バットをたえず携える様子に同僚も驚き

THE ANSWER 9/25(日) 16:06配信

ジョンソン「彼は常に素振りをしている」

 今季メジャー史上30人目の3000安打を達成したマーリンズのイチロー外野手。メジャー16年目のシーズンも終盤戦に差し掛かっている。そんな中、米メディアがメジャー最年長野手がバットをたえず携える様子に着目している。

【画像】リオ五輪に出場した日本人イケメンアスリート

 記事を掲載したのは地元紙「マイアミ・ヘラルド」電子版だ。「イチローの次なる目標とは」と題した記事の中で、商売道具のバットを常に持ち歩く様子をレポート。記事によるとチームメイトのクリス・ジョンソン内野手は「バスにバットを持っていく選手を僕は見たことがなかった。彼は常に素振りをしているんだ。すごいことだよ」と驚きを隠せない様子。同紙は「イチローはしばしバットをチームの飛行機やホテルの部屋にも持ち込む」ともレポートしている。

 またイチローが道具を大切に扱うのは有名で、これまで現地メディアでも何度か報じられてきた。自身の野球用具を「まるでトロフィーのように扱う」と評されたことも。メジャーで際立つ成績を残してきたベテランは、プレー以外の面でも周囲の驚嘆を誘っている。

ジ・アンサー編集部●文 text by The Answer

最終更新:9/25(日) 16:06

THE ANSWER

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。