ここから本文です

「世界一の国別ドメイン数」──小さな島トケラウの不思議

WIRED.jp 9/25(日) 7:32配信

英国のドメイン管理団体「Nominet」が作成した、世界の国別ドメイン登録数を示す地図を見ると、意外な国が登録数第1位であることがわかる。南太平洋にある小さな島・トケラウが1位なのだ。

トケラウはニュージーランドの自治領で、人口は1400人を少し超える程度。だがこの島では3100万以上のウェブサイトが登録されていて、そのドメイン登録数は世界のどの国や地域よりも多い。面積は約10平方キロメートル(東京ドーム213個)しかないトケラウだが、冒頭の世界地図(ドメインの登録数に応じて面積が変化している)を見ると、ドメイン「.tk」の領域は驚くほど大きいことがわかる。

世界最大の人口を抱える中国は第2位。「.cn」ドメインで登録されたサイトの数は1680万個だ。その次にドイツ(「.de」が1600万個)、英国(「.uk」と「.co.uk」が計1060万個)、オランダ(「.nl」が560万個)と続く。

登録数が最も少ないのは西アフリカのギニアビサウ共和国、「.gw」の登録はたったの2個だ。米国のランクが低いのは、「.us」というトップドメインの使用が168万7108個と比較的少ないためである。

「.com」は非常に人気のあるトップレヴェルドメイン(登録数は1億2,300万個)だが、特定の国に結びつくものではない。1985年の導入時には、営利団体の利用を目的としていたが、のちに制限がなくなり一般利用も可能となった。

トケラウの謎

「.tk」ドメインでの登録が人気となったのは、オランダの起業家ジュースト・ズービエルが、「.tk」というドメイン名で登録ができるFreedom Registry(現在のFreeDom)を創設した2000年からのことだ。ズービエルは、完全に無料で登録できる理想のトップドメインを探していた。色々調べた結果、彼はトケラウに行き着いた。

ほかの多くのドメインと違って、「.tk」ドメインの登録には一切費用はかからない。しかし、登録しても一定期間使われなかった場合は広告ページに置き換わる。その場合、「.tk」ドメインを法的に所有するのに料金が必要になる。

FreeDomは、放置された「.tk」ドメインに広告を置くことで利益を上げ、その一部をトケラウの人々に還元している。2012年にはその支払いが、120万ドルしかないトケラウの年間国民総生産(GDP)の1/6を占めるまでになった。

最近では、「.ml」(マリ)や「.cf」(中央アフリカ共和国)、「.ga」(ガボン)、「.gq」(赤道ギニア)も無料ドメインとして利用できるようになっている。Nominetのラッセル・ハワース最高経営責任者は、「世界のインターネット利用を視覚化することで、世界のドメイン使用の興味深い絵が描ける」と述べている。

JAMES TEMPERTON

最終更新:9/25(日) 7:32

WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.26』

コンデナスト・ジャパン

2016年12月10日発売

630円(税込み)

特集:新しい映像。新しい物語。ヴィジュアル・ストーリーテリングの新時代を伝える「WIRED TV」特集。映像はいま何を語り、どんな体験をもたらしうるのか。

なぜ今? 首相主導の働き方改革