ここから本文です

中村アンさんのメイク×ファッション似合わせレッスン!カジュアルに女っぽさをプラス [VOCE]

講談社 JOSEISHI.NET 9/25(日) 18:00配信

秋の新色メイクに秋の服。マスターすべきは、そのおしゃれな合わせ方。バランス上手と評判の中村アンさんのコーデをお手本に、秋のファッション×メイクの似合わせ術をお勉強。

カラーメイクは春夏のものというイメージが強いけれど、色と使い方次第で、秋だっておしゃれに取り入れられるはず。大人カラーを“さりげなく”効かせるのが成功の秘訣。

個人的にニットにはヘルシーなイメージを持ってるんですが、ざっくり編みは華奢に見えるし、甘すぎなくて特に好きですね。今回、メイクで目元にレンガ色をさりげなく使いましたが、色の持つ温かみがニットの雰囲気に合ってるな~って。服もアイメイクもどちらかというと重めなんですけど、肩見せや唇のツヤで軽さが出ると、ちょうどいいバランスに。

使用したアイテムがこちら

A:ヌーディな陰影をつけるブラウンと、それに調和しながら差し色になるレッドの4色組。色×マット質感で温かな表情に。
レ キャトル オンブル 268/シャネル

B:舌で唇をペロッとなめたときのような、自然な濡れツヤを演出。唇と一体化する薄膜でつけ心地も軽やか。
キッカ メスメリック ウェットリップオイル 02/カネボウ化粧品

C:あえてムラっぽくつく設計で、本当に紅潮しているようなリアルな血色頬や、抜け感あるぼかしリップが楽々実現。
ケイト CCリップ&チーククリーム 01/カネボウ化粧品

1.Aの右上のベージュをキワから上へ、アイホール全体にぼかす。
2.Aの左上のライトブラウンを、下まぶたに目尻が濃くなるようオン。
3.Aの左下のレンガ色を、上まぶたの目尻のキワにタレ目っぽくのせる。
4.頬骨下にCを縦長にぼかす。濃く発色させず、スポンジでほんのり色をのせて。
5.Cを唇全体にブラシで塗り、上からBを重ねて、軽くてカジュアルなツヤを足す。


(撮影:三瓶康友)

最終更新:9/25(日) 18:00

講談社 JOSEISHI.NET

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。