ここから本文です

関ジャニ∞ 大倉忠義、あの伝説的歌手“ご本人公認そっくりさん”だった?「似てる写真があるんです」

リアルサウンド 9/25(日) 11:26配信

 9月24日放送分の『関ジャニ∞クロニクル』(フジテレビ系)では、様々な有名人の“自称そっくりさん”が登場し、誰のそっくりさんなのかを推理する「自称そっくりサスペンス」に関ジャニ∞メンバーが挑戦した。

 関ジャニ∞のメンバーが、人と触れ合い、汗をかき、様々な企画にチャレンジし、新たな一面を見せる同番組。番組冒頭、MC役の横山裕からの「似てる芸能人はいますか?」という問いかけに、大倉忠義は「僕、河合我聞とか言われますね」と笑いながら回答。大倉の答えに錦戸亮が「あと、若い時の美輪(明宏)さん」とコメントし、大倉も「似てる写真があるんです」と述べ、中学時代の美輪の写真が映し出された。横山もその話を知っていたのか「ご本人公認やからね」と話すと、大倉も「そうなんです」と相槌を打った。

 ゲームでは、5人の有名人そっくりさんが登場。「自称シャーロック・ホームズチーム」と「自称金田一耕助チーム」の2チームは、交互に浜田雅功、榊原郁恵、近藤春菜のそっくりさんを推理していくが、あとの2人をなかなか当てることができない。残り2人のうち、1人が佐藤隆太、もう1人が姉妹の三倉茉奈、三倉佳奈のどちらかであることが分かるも、大倉が三倉姉妹に混乱しチーム内で1人違う回答をし総ツッコミを受けていた。

番組後半では、“ぼっち食事”をこよなく愛するサラリーマン大倉が、突然現れる女性客の目を気にしすぎて、妄想が広がっていくというコント「妄想ぼっちメシ」を放送。番組終盤には、横山と安田章大が苗字と名前の頭文字を入れ替えて5秒以内に正しく回答する「みんだ・せつおゲーム」に挑戦した。

 次回、10月1日の放送ではゲストに菊川怜が登場し「真実堂書店」のコーナーを放送する予定だ。

向原康太

最終更新:9/25(日) 14:04

リアルサウンド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。