ここから本文です

【法律相談】マザコン夫と別居&調停中なのですがバツイチの高校の同級生といい感じに。これって問題?

Suits-woman.jp 9/25(日) 16:00配信

堅実女子のお悩みに、弁護士・柳原桑子先生が答える本連載。今回の相談者は、愛海さん(34歳・メーカー勤務)。彼女は現在、離婚調停中ですが、他の男性と交際したら問題になるかどうかについて気にしています。

「結婚して半年くらいは上手くいっていたのですが、夫の本性が出てきました。それは、妻である私に母親と同じような役割を押し付けることです。自分が家にいる間に外出したら不機嫌になったり、料理の味がまずいと怒り出したり、家の掃除が行き届いていないとモノを投げたり……。毎月10万円のお小遣い制と決めたのに、”結婚したらお金の自由がなくなった”と自分の実家の両親にタカる始末。そんな夫がイヤになり、結婚生活は1年くらい前から破綻しており、今は別居中です。

半年ほど前から実家に住んでいるのですが、バツイチの高校の同級生男子といい感じになっています。彼と結婚するという気持ちにはならないのですが、関係をすすめたいと思っています。お互いそういう気持ちです。

そこで、私は結婚しているので、彼と恋愛関係になってもいいかどうかいろいろ調べたのですが、婚姻関係が破たんしている場合の異性との性的関係は、不貞にならず慰謝料の問題にはならないとされていました。それは本当でしょうか?

後から問題になるのもイヤなので、婚姻関係破たんの定義があれば教えてほしいです。バレたら離婚を拒否されるとか、慰謝料の請求をされてしまうのでしょうか」

別居中に夫以外の男性と恋愛すると、不利になるのか……そんな質問に対して、弁護士・柳原桑子先生がアンサー!

柳原桑子先生のアンサーはこちら

法律的な理屈の上では、離婚調停中で離婚は成立していなくても、婚姻関係が破たんした以後のことであれば、配偶者以外の男性と交際しても、配偶者との関係での背信行為にはならないので、慰謝料の問題はありません。

ここにいう「婚姻関係破たん」とは、もはや婚姻関係を円満に修復する余地がない状態を指しますが、実際のところ、調停や裁判において破たんしていると評価されるかどうかが問題となります。

例えば、同居中の場合と、別居している場合で比べると、夫婦には同居義務があるのに、別居しているわけですから(単身赴任等理由あるものはのぞきます)、別居している方が破たんと評価されやすいです。

また、別居さえしていれば常に破たんしていると評価できるわけではなくて、別居して数か月という場合と、数年経っているという場合では、より長期間別居を続けている方が、破たんと評価されやすい傾向にあります。さらに、相当期間別居していても、その間も適宜交流をもっている場合には、破たんしているとは評価されない可能性もあります。

よって、別居しているだけでなく、その間の関係性等も総合的にみて破たんの有無は評価されるものです。

よく、“婚姻関係が破たんしたといえるには、何年別居すればよいのか”という質問を受けるのですが、ケースバイケースなので、お答えはできません。 

話を戻しまして、理屈では、すでに婚姻関係が破たんしたと評価され、その後に他の男性と交際を始めたと認定された場合には慰謝料の問題にはなりません。しかし、実際にはそのように評価されるための事実の立証ができるであろうかが、一番の問題となります。 

夫と同居中にすでに知り合っていた男性と、別居後に恋仲になったという場合もあるでしょう。しかし、“このときから交際が始まった”という明確な線引き、そしてその立証は困難であることが多いです。

相談者のケースでは、別居してから半年が経過し、このころから他の男性と交際を開始したとあります。その時点で客観的に見て婚姻関係が破たんしているものと評価されるなら、慰謝料の問題にはなりません。

では、婚姻関係が破たんしていると言えるかどうかと聞かれたら、諸事情を総合的に見て評価されるものですので、なんともいえません。

その前に、婚姻関係を解消し、その後であれば交際は自由ですから、今後の身の振り方については、あせらず地道に考えられたらと思います。


(教えてくれた人/柳原桑子さん)
第二東京弁護士会所属 柳原法律事務所代表。弁護士。東京都生まれ、明治大学法学部卒業。「思い切って相談してよかった」とトラブルに悩む人の多くから信頼を得ている。離婚問題、相続問題などを手がける。『スッキリ解決 後悔しない 離婚手続がよくわかる本』(池田書店)など著書多数。

最終更新:9/25(日) 16:00

Suits-woman.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Suits WOMAN

小学館

2016年 秋号
10月5日発売

590円(税込)

働く30代のためのリアルライフマガジン。
マネー、美容、健康、デジタルなど
きちんと地に足の着いた“堅実女子”の
不安や悩みにきめ細かくお応えします。

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。