ここから本文です

「トイレの未来」が奇妙で素晴らしい理由

ライフハッカー[日本版] 9/25(日) 21:10配信

Inc.:ある発明品を見て、「こいつは素晴らしい!」と思うときもあれば、「え、本気か?」と思うこともあります。人の動きを感知してトイレの水を8色に光らせる『Illumibowl』の広告動画を見た私の反応は、明らかに後者でした。「いったい誰が紫色に光るトイレでおしっこをしたいと思う?」 それが今ではこうなりました。「紫色に光るトイレでおしっこをしたいと思わない人なんて本当にいるの??」

夜トイレに行くときどうするか、というのは、実は結構な数の人が抱えている、結構な問題なのはご存知でしょうか? 『Prevention magazine』によると、40歳以上の女性の3分の1が、「夜間頻尿」を経験しており、『National Sleep Foundation』のアンケートによると、55歳以上の人の約65%が、トイレに行くために夜中に何度か起きると回答しています。夜間に明るい光を浴びると、睡眠にとって重要なホルモンが阻害されてしまいます。また、私のように夫が夜中によくトイレに行くような場合、トイレの電気でこっちまで目が覚めてしまい、結婚生活に暗雲が立ち込めるのも無理からぬ話です。ですので、人の動きを感知して、便器がやさしい光を放つというアイデアは、この問題に対する賢い解決方法だと言えます。

今ノリに乗っているマット・アレクサンダー氏とマイケル・カネリー氏は、2014年の秋にIllumibowlを発明しました。彼らのウェブサイトに載っているとおり、当初、この製品のコンセプトは「飲み過ぎて夜中に手足をぶつけたり、トイレに向かう途中で宇宙人に誘拐されるのを防止する」というものでした。

現在、2人はある使命に向けてひた走っています。「我々の人生のおける唯一の目的は、幽霊や、ベッドの下に隠れている怪物、夜中の奇妙な物音を、この世から撲滅することだ」

彼らは自分たちのマーケットをよく理解しています。「夜ふかしの皆様、ようこそ。大歓迎です」

1/2ページ

最終更新:9/25(日) 21:10

ライフハッカー[日本版]

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフハッカー[日本版]

株式会社メディアジーン

毎日更新中

最新ITサービス使いこなしガイド
ビジネス向けガジェット/ツール紹介
いま使える節約マネーハック術
モチベーションを上げるマインドハック