ここから本文です

2戦連続ドローのレアル C・ロナウド途中交代への批判にジダン監督が反論「時には休養が必要だ」

Football ZONE web 9/25(日) 10:43配信

終盤にラス・パルマスに追いつかれ痛恨のドロー エースは交代に不満顔

 レアル・マドリードのジネディーヌ・ジダン監督は、24日の敵地ラス・パルマス戦で後半26分にポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドを交代させたが、エースは不満な表情を見せた。その後、さらに同点に追いつかれて2-2ドローに終わったことで、采配に批判が集中している。スペイン地元紙「AS」が、「ロナウドがラス・パルマス戦で交代させられると、ジダンに対して良からぬ反応を見せる」と報じている。

スペイン紙が選ぶ”銀河系軍団”レアルの「今世紀最低の補強10人」

 2-1で迎えた後半26分に指揮官は動いた。CR7を下げ、スペイン代表FWルーカス・バスケスを投入した。前線にフレッシュな人材を配置して守備面でも強化を図ることで逃げ切りを図ったが、ロナウドは不満を隠そうとしなかった。「彼は常にフル出場したい」と認めていたジダン監督だが、結果的にエース交代が悪い流れを作ってしまい、後半40分に同点に追いつかれた。

 記事では「レアル・マドリードの交代を見るや、彼(ロナウド)はダグアウトに足を向けた。ラス・パルマスの罵声を浴びながら、険しい表情で何かつぶやいていた」とレポートされている。ジダン監督の握手には応じたが、指揮官の顔を見ることもなく、「(交代という)決定に対する彼の不満は、スタジアムのすべての人間と世界の観衆にも明確だった」と指摘されている。

 ラス・パルマスに同点弾を許した後には、「表情が凍りついた」というロナウド。「2試合連続のドローで、勝ち点の取りこぼしは来年5月に高くつく可能性が高い」とも批判されている。

CLドルトムント戦に向けた交代と強調

 試合後、ジダン監督は27日のUEFAチャンピオンズリーグの敵地ドルトムント戦に向けた交代だったと強調している。試合後の記者会見ではロナウドの交代についての質問を受け、「我々は火曜日にプレーする。彼も時には休養が必要だ。いいプレーを見せていたが、火曜日のことを考えて彼を交代させることにした」と釈明に追われた。

「怒っていた? それは君の解釈だ。彼は常にピッチに立ちたいと思っている。時には交代させないといけない。それが今日だった。そこになんの変更もない」と指揮官は主張した。

 首位の座は守ったものの、エース交代の影響もあってか勝ち点2を失い、2位バルセロナとの勝ち点差は1に縮まった。ジダン監督が下した決断は、今後の戦いにどのような影響をもたらすのだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:9/25(日) 10:43

Football ZONE web

なぜ今? 首相主導の働き方改革