ここから本文です

仕事のストレスを一番感じているのは課長?係長?それとも主任?

@DIME 9/25(日) 17:10配信

ストレスチェック制度がスタートし、多少なりとも仕事環境が改善されたという方もいるのではないだろうか。では、実際に、課長、係長、主任クラスの人たちのストレスの度合いは、どれくらい差があるのか。インターワイヤードが昨年、同社のネットリサーチサービス『DIMSDRIVE』を利用して行なった「ストレスチェック制度」(975人が回答)に関するアンケート調査では、係長クラスの37.2%が「かなりストレスを感じている」と回答。63.2%がストレスチェックを受診したいという意向が見られた。またストレスは測ってみたいが、結果が悪かった際の処遇が気になるという意見も多く聞かれた。

■係長クラスの37.2%が「かなりストレスを感じている」

組織で働く人の『仕事・職場が原因でストレスを感じている』割合は50.4%と半数を超え、多くの人が仕事や職場が原因の“心のストレス”を抱えている事が分かった。「仕事・職場が原因で、かなりストレスを感じている」割合は【係長クラス】37.2%が最も高く、【主任クラス】25.6%、【課長クラス】23.9%も高くなった。いわゆる“中間管理職”は強いストレスを感じているようだ。【係長クラス】では、半数の50%が『ストレスを感じていることを「部署にも会社にも知ってほしい」』と回答しており、辛い状況を分かってほしいと願っている事がうかがえる。

■半数がストレスチェックという名称を聞いたことが無い

 ストレスチェック制度の認知については、そもそも『ストレスチェックという名称』を知っている人が49.6%と半数に満たない状況で、現時点では認知率は低い。『義務化されることを知っていた』人は16.9%だった。

■ストレスチェック検査の受診意向

受診意向者は63.2%と半数以上だった。ただし、「受けても良い」35.7%が最多で、意向はあるものの、弱い意向の人が多い。ポジティブな意向者(ぜひ受けたい+できるだけ受けたい)は27.5%で、ネガティブな人(出来るだけ避けたい+絶対に受けたくない)は18.2%だった。

 企業への結果フィードバック意向については、「どちらでも良い・こだわらない」が38.7%で最多。『同意する』という人は32.9%、『同意したくない』人は28.4%で、賛・否・中間共に3割前後と意見が分かれる結果となった。日ごろ仕事や職場で強いストレスを抱える人ほど、受診・結果フィードバック共に意向が高く、『自分の辛い状況を会社に知ってほしい』という気持ちが感じられる。

 検査を “受けても良い理由”は、ダントツで「自分のストレス具合を測ってみたい」で69.0%だった。主観的にしか測れないストレス具合を測れる、という点に興味を持つ人も多いようだ。義務だからなのか、実施に対し、「会社側の職場改善意思」を感じる人は1割程度と少ない。

■避けたい・受けたくないと回答した人の理由

 一方、避けたい・受けたくないと回答した人の理由については、『情報が漏れるかも知れない』という恐れ、『結果が悪かった時の処遇』に不安を抱いている人が多い。特に、“自分の勤務先で実施した場合に起こりそうな問題”の自由回答では様々な回答が挙げられ、「パワハラを隠れてやられる可能性があること」、「会社による検査結果の無視。」、「過度のストレスがあると判断された社員をどうフォローするか、対応を誤るとかえって悪い結果を招きそう」など、その内容も具体的だ。自社に置き換えると具体的な想像や懸念が膨らむようだ。

■調査概要
調査方法 : インターネットを利用した市場調査
調査期間 : 2015年3月25日~3月29日
有効回答数 :DIMSDRIVEモニター 組織勤務者 975人

文/編集部

@DIME編集部

最終更新:9/25(日) 17:10

@DIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

@DIME

小学館

2017年1月号
11月16日発売

定価630円

ヒット商品&トレンド大予測!
ふるさと納税駆け込み攻略ガイド!
発表!小学館DIMEトレンド大賞
別冊 DIME創刊号付き

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。