ここから本文です

モウリーニョ監督が主将ルーニー“先発落ち”の理由を明かす 「我々が考えた解決策は…」

Football ZONE web 9/25(日) 14:00配信

低調だったマンUが昨季王者レスターに大勝

 マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督は、主将FWウェイン・ルーニーをレスター戦の先発から外した采配について、その意図を明かした。米メディア「ESPN」が報じている。

最新推定市場価格2016 「世界で最も価値のあるプレーヤー100人」

 ユナイテッドは24日、プレミアリーグ第6節でレスターと対戦し、4-1で大勝を収めた。この日、低調なパフォーマンスが続くルーニーが今季初の先発落ち。結果的に代役を務めたMFフアン・マタが多くのチャンスを作り、自らゴールも決めるなど、印象的な活躍を披露した。

 試合後の記者会見でモウリーニョ監督は、「メンバー変更が功を奏したか?」という報道陣の質問に対し、真っ向から否定した。

「ノー。私はそうは思わない。この結果は我々が素晴らしいスタートを切ることができて、試合終了するまで止まることがなかったからだ。チームとしてうまく機能している時は、個人が好パフォーマンスを発揮するのが容易いというだけだ」

 モウリーニョ監督は早い時間帯にゴールを決め、試合の主導権を握ったことが重要であったとし、メンバー変更がもたらした勝利ではないことを強調している。そして、ルーニーを先発から外した理由についても明確に触れた。

示し続けたルーニーへの信頼

「キャプテンはキャプテンだ。彼がピッチ上にいようと、家にいようと、我々のキャプテンであることに変わりはない。今日、レスターのようなチームを相手にして我々が考えた解決策は、2人のスピードある選手をサイドに置き、マタにその舵取りをさせることだったに過ぎない」

 スピードに難のあるレスターのDF陣に対し、俊足のFWマーカス・ラッシュフォードとMFジェシー・リンガードを当て、サイドのスペースを使ったチャンスメイクに長けたマタに両翼のコントロールを担わせたことで、相手の守備網の打開を図った。結果的にその戦術がはまり、3試合ぶりの勝ち点3をつかみ取るに至った。

 モウリーニョ監督は記者会見を通して主将への信頼を主張し続けたが、昨季王者を撃破し、本来の力強さを取り戻すきっかけをつかんだチームに、ルーニーを戻すのかどうか。次節の先発メンバーのセレクトに、大きな注目が集まることは間違いない。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:9/25(日) 14:00

Football ZONE web

なぜ今? 首相主導の働き方改革