ここから本文です

香川の恩師クロップがバイエルン次期監督に!? リバプールと6年契約も衝撃の母国帰還が急浮上

Football ZONE web 9/25(日) 15:02配信

18年夏にアンチェロッティの後任として招聘と、英紙が報じる

 リバプールのユルゲン・クロップ監督が、ドイツの絶対王者バイエルン・ミュンヘンの次期監督候補に浮上しているという。英紙「デイリー・スター」が報じた。

2016-17ブンデスリーガMF部門「最新推定市場価格TOP 50」 日本代表10番・香川の名も…

 クロップ監督は昨年10月にブレンダン・ロジャース前監督(現セルティック)の解任を受けて、リバプール新監督に就任。今年7月には就任からわずか9カ月で、異例となる6年契約への延長を果たしていた。

 ドルトムントでは日本代表MF香川真司らを指導し、2010-11、11-12シーズンとブンデス2連覇を成し遂げた実績を持つ名将に、驚きのドイツ復帰の可能性が急浮上している。今季から指揮を執るカルロ・アンチェロッティ監督の後任候補として名前が挙がっているという。

 昨季、史上初のブンデス4連覇を果たしたバイエルンは、ジョゼップ・グアルディオラ監督(現マンチェスター・シティ監督)の退任に伴い、ACミランやチェルシー、レアル・マドリードなどを率いてタイトルを獲得したアンチェロッティ氏を招聘。イタリア人指揮官との契約は17-18シーズンまでとなっており、クラブは早くもその後の人選に目を光らせているという。バイエルン関係者が「ユルゲンはとても高く評価されている。彼は次期監督候補リストのトップに名前が挙がるだろう」と語ったとレポートされている。

 ドルトムントで一時代を築いたクロップ監督が、宿敵を率いるためにドイツ復帰を果たすという衝撃の展開は実現するのだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:9/25(日) 15:02

Football ZONE web

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。