ここから本文です

ルーニーベンチスタートの理由を語るモウリーニョ「スピードが必要だった」

フットボールチャンネル 9/25(日) 9:40配信

 プレミアリーグ第6節で昨シーズンのチャンピオンチーム、レスター・シティを4-1で下したマンチェスター・ユナイテッド。ジョゼ・モウリーニョ監督がウェイン・ルーニーをベンチスタートさせた決断をした理由を明かしている。24日、英紙『マンチェスター・イブニング・ニュース』が伝えている。

【動画】メッシを超えた“魔法の左足” 中村俊輔のフリーキックが世界4位に!

 モウリーニョ監督はルーニーを「私のキャプテンは私のキャプテンだ」としたうえで、「レスターのようなチームとの対戦で、相手のディフェンスを破るための解決策としてスピードがある選手を起用し、その近くにマタを付けて、彼らと相互に働かせる必要があった」と語った。

 この試合ではルーニーではなく、マーカス・ラッシュフォードとジェシー・リンガードがスタメン出場。裏への飛び出しやサイドの突破などで攻撃を活性化させることに成功した。マタはチーム2点目を挙げるなど活躍を見せた。

 「素晴らしいクオリティを持ったレスター相手に、我々は我々のチームを変えた」とリーグ連敗中のチームの人選、攻撃の形に変化を加えたモウリーニョ監督。

 ミッドウィークにヨーロッパリーグのゾリャ戦を戦うユナイテッド。次節もホームでストークと対戦する。

フットボールチャンネル

最終更新:9/25(日) 9:44

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。