ここから本文です

ポイントは久保の仕掛けと菊地の守備力。世界かけた大一番UAE戦、真価問われるU-16代表

フットボールチャンネル 9/25(日) 10:20配信

いよいよU-16日本代表が今日UAE戦を迎える(23時30分キックオフ)。この試合に勝てばU-17W杯出場権を得ることができる。大一番となる一戦の注目ポイントはどこなのか?(取材・文:元川悦子【ゴア】)

【動画】久保建英、鮮やかドリブルでゴール演出!相手DFを翻弄する超絶テクを披露

大一番UAE戦、果たして先発予想は?

 93年日本、95年エクアドル、2001年トリニダード・トバゴ、2007年韓国、2009年ナイジェリア、2011年メキシコ、2013年UAEと過去6回のU-17W杯に出場してきた日本。しかし、前回の2015年チリ大会はアジア最終予選敗退を余儀なくされ、森山佳郎監督率いるU-16日本代表は再び世界切符を手にするためにここまで1年半、努力を続けてきた。その集大成となるのが、25日のAFC・U-16選手権準々決勝・UAE戦(インド・ゴア)だ。

 「(2018年ロシアW杯アジア最終予選初戦に負けた)A代表のリベンジとか、いろんなことを背負ってやるより、とにかく選手たちには『ピッチで暴れて来い』と。消極的になって負けたら、そんな後悔はない」と前日会見に臨んだ指揮官も神妙な面持ちで語っていたが、今はチームとして持てる力を全て出し切るしかないだろう。

 重圧のかかる大一番を翌日に控えた23人の選手たちは24日、夕方16時過ぎからインドリーグのチャーチル・ブラザーズなどが使用しているティラク・マイダン・スタジアムで最終調整を実施した。時折、豪雨に見舞われる中、負傷で別メニューの続く小林友希(神戸U-18)を除く全員が1時間半弱の熱のこもったトレーニングを消化した。

 注目の戦術確認では、主力組と見られる側に、GK谷晃生(G大阪ユース)、DF(右から)喜田陽(C大阪U-18)、菅原由勢(名古屋ユース)、瀬古歩夢(C大阪U-18)、菊地健太(JFAアカデミー福島)、ボランチ・平川怜(FC東京U-18)、福岡慎平(京都U-18)、右MF久保建英(FC東京U-18)、左MF中村敬斗(三菱養和)、2トップ・宮代大聖(川崎U-18)、棚橋尭士(横浜ユース)というイレブンが陣取った。

1/2ページ

最終更新:9/25(日) 10:58

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。