ここから本文です

ラニエリ、前半4失点の大敗に落胆「何が起きたか説明することはできない」

フットボールチャンネル 9/25(日) 13:10配信

 プレミアリーグ第6節でマンチェスター・ユナイテッドと対戦し、4-1と大敗を喫したレスター・シティ。監督のクラウディオ・ラニエリは落胆を隠せないようだ。24日、英紙『レスター・マーキュリー』が伝えている。

【動画】メッシを超えた“魔法の左足” 中村俊輔のフリーキックが世界4位に!

 「何が起きたのかを説明することはできない」と語ったラニエリ監督。4-1という結果は想定していなかったのかもしれない。

 「私はこの結果を分析しなければならない。我々はいいスタートを切って、20分まではとてもよくサッカーをしていたのだから」と語り、「最初の失点でスイッチを切ってしまった」と先制点が試合に大きく響いた様子。

 CKから3失点を許したことについては「ユナイテッドはとてもクレバーだった。我々はコーナーに対しては強いのだが」とユナイテッド側のクオリティを称賛している。

 「我々のバッテリーを再びチャージして、今日の敗戦をすぐに忘れて前を向かなければならない」と語るラニエリ監督。ミッドウィークにはチャンピオンズリーグのポルト戦が控えている。プレミアリーグの次節はサウサンプトン戦だ。

フットボールチャンネル

最終更新:9/25(日) 13:21

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。