ここから本文です

ギグス氏、スウォンジーとの接触否定「いつか監督をやりたいが今ではない」

フットボールチャンネル 9/25(日) 14:30配信

 マンチェスター・ユナイテッドのレジェンドであるライアン・ギグス氏は、スウォンジー・シティの新監督候補だとも噂されているが、クラブから具体的な誘いは受けていないと主張した。23日に英ラジオ局『トークスポーツ』に語っている。

【写真】美の競演…世界の美女サポーターたち

 プレミアリーグで現在暫定16位と低迷するスウォンジーは、フランチェスコ・グイドリン監督を更迭することを検討しているのではないかとみられている。昨季までユナイテッドでアシスタントコーチを務めていたギグス氏は、新監督の有力候補だと報じられていた。

 本格的に監督業をスタートさせることに意欲を示していたギグス氏にとって、故郷のウェールズのクラブであるスウォンジーは打ってつけの場所かもしれない。だが、「スウォンジーからのアプローチを受けてはいない。いずれにしても、クラブには今の監督がいるしね」と同氏は語った。

「今後、どこかの時点で監督としてサッカーに戻りたいと思っているのは隠さない。だが、今ではなくもっと先のことだ」とギグス氏は述べ、現時点では誘いに応じることに否定的な様子を見せている。

 スウォンジーは現地時間24日に行われたマンチェスター・シティ戦に敗れ、グイドリン監督の立場はますます危ういものとなっている。24日付の英紙『ミラー』は、次節リバプール戦にも敗れるようなら指揮官は解任される見通しだとして、ギグス氏のほか現ウェールズ代表のクリス・コールマン監督も後任候補だと伝えている。スウォンジー出身であり、現役時代に故郷のクラブでもプレーしたコールマン監督は、今年のEURO2016でウェールズ代表を準決勝進出の快挙へと導いた。

フットボールチャンネル

最終更新:9/25(日) 14:51

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。