ここから本文です

アニメ「ナルト」1時間SP作画監督は山下宏幸で「はい神作画決定」とファン大興奮!

ダ・ヴィンチニュース 9/25(日) 18:00配信

 2014年に完結した『週刊少年ジャンプ』の大人気マンガ、『NARUTO-ナルト-』のアニメ版、「NARUTO-ナルト-疾風伝」(テレビ東京)が2016年9月29日(木)に1時間スペシャルを放送する。その作画監督が「BORUTO-ボルト-NARUTO THE MOVIE」で監督を務めた山下宏幸ということで、「これは神作画決定」「最後に良い人選きたな」と話題になっている。

 2002年10月から放送が開始されたこのアニメ版は、2007年までに「NARUTO-ナルト-」と題して少年編を、その後「疾風伝」とサブタイトルが付き、1部の2年半後のストーリーが放送されていた。

 これまでにこのアニメで作画を担当したのは「おそ松さん」(テレビ東京)などにも原画として参加し、ド派手な動きやエフェクトが評判の松本憲生や、“神作画”として名高い第542話の通称「マダラ無双」を担当し、「天才か」「動きすぎ」と大絶賛を浴びた若手アニメーター・小林直樹などそうそうたる面々。だが一方で、ナルトの両目があらぬ方向を向いていたりと、「作画崩壊しすぎww」「なんだこれワロタww」と“作画崩壊”回があることでも有名だ。

 そのため、「作画どうなるん?」「最終回は作画だれや」と気になっているファンが大勢いたのだが、1時間スペシャルは山下が作画監督に決定。山下は現在ほぼナルト一本で活動していると言われており、ナルトファンからの根強い支持も集めている。さらに劇場版の「BORUTO-ボルト-NARUTO THE MOVIE」では監督も務め、「ナルト映画の中で一番面白かったかもしれん」「最高傑作だった」と高評価を得ている。

 そんな山下が演出・絵コンテ・作画監督を務める1時間スペシャルは、さっそく公式サイトでも予告が公開されている。白黒の画面で向かい合うナルトとサスケが描かれたこの予告には「すでにかっこよさげだな」「うわーマジで楽しみなんだが」と期待の声が寄せられており、ファンも放送を待ちきれないようだ。

 しかし、14年もの間放送されていたドラマだけに「とうとう終わっちまうのか」「ボルトやってくれるんだよな!?」と寂しがる人も多いことは事実。

 1時間スペシャルでは、マンガの終了間際でも描かれた「終末の谷」でのナルトとサスケの最後の闘いが描かれる模様。戦闘シーンがメインになると予想されるだけに、作画への期待もますます高まっているようだ。

■アニメ「NARUTO-ナルト-疾風伝」
原作:岸本斉史
プロデューサー:土方真(テレビ東京)・朴谷直治(ぴえろ)
監督:伊達勇登
制作:テレビ東京・studioぴえろ
放送:テレビ東京ほか/毎週木曜日 19:25~

最終更新:9/25(日) 18:00

ダ・ヴィンチニュース

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。