ここから本文です

自宅勤務型の性格とオフィス勤務型の性格、幸せなのはどっち?

Forbes JAPAN 9/25(日) 11:00配信

自発性があり何でも進んでやる人は、自宅勤務に向いている。そうした人は、仕事に関する規則がより少なくても気にせず、徹夜で働く傾向が強い。孤独でもサポートが少なくても、同僚との共同作業が少なくても気にしない。



こうした人のうち実際に自宅で働いている人はとても幸せで、43%が仕事が大好きだと言っている。だが逆にオフィスに通って働かなければならない場合はその幸福感が激減し、仕事が大好きだという人はわずか24%だ。

このデータの基になっているのは、インターネット上で実施された「あなたの性格は自宅勤務とオフィス勤務のどちらに向いていますか」という無料診断。10の質問に応えると、自分の性格がどちらに向いているかの結果が表示され、さらに自分の性格が実際の勤務状況と合っているかを見ることができる。

またデータによれば、自宅勤務向きの性格で実際に自宅勤務をしている人のうち、仕事が嫌いだという人はごくわずかだった。これは予想通りの結果だ。

ではオフィス勤務向きの人は、どういう人かというと、彼らはオフィス勤務と関連づけられることの多い同僚との関係や一貫性、良識的な仕事量や明確に定義された期待値などを好む。だが驚きなのは、オフィス勤務向きの人が自宅勤務をしていても、31%は仕事が大好きと答えることだ。

つまり自宅勤務向きの性格の人にオフィス勤務をさせるよりも、オフィス勤務向きの人に自宅勤務をさせた方がいい。その理由の1つは、それぞれの性格が規則や明確に定義された期待値にどう対応するのかにあるのかもしれない。

オンライン診断では「あなたは規則や明確に定義された期待値があるのが好きですか。それとも厳密な規則に縛られない方が好きですか」と尋ねた。その回答から分かったのは、自宅勤務向きの人がオフィス内での規則の制約に適応しようとするよりも、オフィス勤務向きの人が自宅勤務の自由さや規則の少なさに適応しようとする方がうまくいく、ということだ。

1/2ページ

最終更新:9/25(日) 11:00

Forbes JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Forbes JAPAN 2017年1月号

株式会社アトミックスメディア

2017年1月号
11月25日(金)発売

890円(税込)

Forbes ID 無料会員登録を受付中!
今ならもれなく電子版最新号をプレゼント

Yahoo!ニュースからのお知らせ