ここから本文です

古巣との対戦に快勝の浦和ペトロヴィッチ監督「PKを外してくれて楽な展開に」

SOCCER DIGEST Web 9/25(日) 17:44配信

PKの大ピンチはP・ウタカが失敗。

[J1・第2ステージ13節]浦和 3-0 広島/9月25日/埼玉

 浦和が3ゴールの快勝で第2ステージ首位の座をキープした。

金崎を無期限追放としたハリル監督の判断は妥当?

 古巣との対戦をモノにしたペトロヴィッチ監督は、「今日は両チームともに素晴らしいサッカーをした。観る人にとっては魅力溢れるゲームだった」と試合を振り返った。

 試合は立ち上がりから一進一退。ともに決定機を作り出す。そして広島は30分、ミキッチがペナルティエリア内で倒され、PKを獲得。しかし、P・ウタカのシュートは枠を外れてしまい、絶好のチャンスを逃してしまう。

 試合後、ペトロヴィッチ監督は、このPK失敗が転機になったと振り返った。
「良い入りができて決定機が2回ほどあった。それを逃してミキッチにPKを与えてしまった。入っていれば、我々にとって難しい展開になっていたであろうPKを外してくれて、比較的楽な展開になった」 すると34分、浦和はカウンターで抜け出した柏木が右サイドへ展開。右からの武藤の折り返しが、広島DFの千葉のオウンゴールを誘う。浦和が先制する。

 先制した浦和は後半立ち上がりにも広島に決定機を与えるが、GK西川を中心にこれを阻止。そして51分には、ペナルティエリア付近で柏木が巧みなキープでタメを作ると、走り込んだ高木に絶好のスルーパス。その折り返しを興梠が押し込み、ゴールネットを揺らした。

 60分には、宇賀神のスルーパスに抜け出した高木が、今季リーグ戦初ゴール。結局、浦和は広島の反撃を無失点に抑え、3-0の快勝を収めた。

 これで浦和は今節、第2ステージ首位の座をキープ。年間勝点でも64ポイントとして、広島戦終了時点で63ポイントの川崎を抜いて、暫定で首位に躍り出た。川崎対横浜は19時にキックオフされる。

最終更新:9/25(日) 19:01

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。