ここから本文です

残留へ互いにゴールは遠く。磐田対湘南はスコアレスドロー

SOCCER DIGEST Web 9/25(日) 17:32配信

残留へ向けて互いに手痛い引き分け

[J1第2ステージ13節]磐田0-0湘南/9月25日/ヤマハ
 
 J1第2ステージ13節の磐田対湘南が9月25日、ヤマハスタジアムで行なわれ、0-0のスコアレスドローに終わった。
 
 湘南は立ち上がりから走力で相手を上回り、試合の主導権を握った。32分、湘南はCKのチャンスを得ると、中央で合わせた大槻が強烈なヘディングシュートを放つ。しかし、これは相手GKの好セーブに阻まれた。
 
 対する磐田は前節よりフォーメーションを4-2-3-1に変更。しかし、1トップに入ったジェイが対峙した相手DFに抑え込まれ、チャンスを作り出すことができないまま前半を終える。
 
 迎えた後半、オープンな展開となり互いにチャンスを得たものの、ゴールネットを揺らすことができない。終盤になって磐田はジェイがヘディング、松浦がミドルで相手ゴールを脅かしたが、相手GKの好守に阻まれ0-0で試合終了。スコアレスドローで勝点1を分け合った。
 
 引き分けた磐田は勝点1を積み上げ、勝点32で年間13位。対する湘南は連敗を10でストップし、17位に浮上したが残留へ向けて厳しい戦いが続く。
 

【2016高校・ユースPHOTO】来季Jリーグ入り内定プレーヤー&有望株15選

最終更新:9/25(日) 17:41

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。