ここから本文です

柴崎の鮮烈ボレーで先制し、金崎がPKで追加点!敗れた新潟は残留争い崖っぷちに…

SOCCER DIGEST Web 9/25(日) 18:35配信

柴崎が鮮烈ボレーで先制点!金崎がPKでトドメを刺す。

[J1第2ステージ13節]新潟0-2鹿島/9月25日(日)/デンカビッグスワンスタジアム
 
 J1第2ステージ13節の新潟対鹿島が9月25日、デンカビッグスワンスタジアムで行なわれ、鹿島が2-0で勝利した。
 
 前半はお互いに慎重で攻撃面での見所はなし。石橋を叩いて”渡らない”ような展開で、シュート数も新潟1本、鹿島0本という静かな内容でハーフタイムを迎えた。
 
 後半に入ると、すぐさま試合が動く。先制したのはアウェーの鹿島だ。48分、CKが一度はDFにクリアされるが、こぼれ球に反応した柴崎が左足を振りぬく。見事にコントロールされたミドルシュートがネットに突き刺さった。
 
 1点リードした鹿島はその後、守備のバランスを保って時計の針を進め、試合終盤に金崎がPKで加点。金崎はこのゴールがシーズン10点目だった。
 
 一方の新潟は、ボールポゼッションこそできるものの、崩しのアイデアや精度を欠いて決定機を作り出せない。結局、ゴールを奪えずに終了の笛を聞いた。
 
 これで鹿島は2連勝、新潟は4連敗。新潟はなんとかJ1残留圏内の15位をキープしているものの、16位・名古屋に勝点差1まで迫られた。
 
 J1リーグは残すところ4試合。新潟は、14節・磐田、15節・浦和、16節・G大阪、17節・広島と上位陣との対戦を残しており、厳しい戦いを強いられそうだ。

最終更新:9/25(日) 18:36

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。