ここから本文です

【J1採点&寸評】柏×甲府|D・オリヴェイラの一発で柏が辛勝。MOMはファインセーブ連発の中村

SOCCER DIGEST Web 9/25(日) 23:08配信

柏――3本のビッグセーブで勝利に導いた中村は、守護神に相応しい働き。

[J1第2ステージ13節]柏1-0甲府/9月25日/日立柏サッカー場
 
【チーム採点・寸評】
柏 6
前半から主導権を握ったが、ボールを回すのみでなかなか甲府の堅守を崩せなかった。それでも、セットプレーからD・オリヴェイラのゴールでリードすると、終盤のピンチを切り抜け、勝点3を獲得した。

【柏 1-0 甲府 PHOTO】D・オリヴェイラの一発で柏が首位戦線に踏み止まる



【柏|採点・寸評】
GK
23 中村航輔 7
39分にダヴィのヘッドを横飛びでファインセーブ。終盤には2本のシュートを立て続けにストップし、チームを勝利に導いた。まさに守護神と呼ぶに相応しい活躍だった。
 
DF
4 中谷進之介 6.5
丁寧なビルドアップと的確なラインコントロールが光った。CK時には前線に上がり、空中戦で強さを発揮した。
 
6 山中亮輔 5.5
第1ステージ・11節以来の先発出場。積極的に突破を仕掛ける姿勢は見られたものの、かわし切れない場面が目立った。また判断が遅く、パスの出しどころに戸惑う姿も。
 
8 茨田陽生 5.5
後方からのクロスも少なく、守備でも盛田の身体の強さに苦戦。トラップをミスするなど、やや安定感に欠けていた。
 
29 中山雄太 6
正確なポジショニングでパスカット。ボールロストからピンチを招くシーンも見られたが、それ以外は安定した守備で無失点に貢献した。
 
MF
17 秋野央樹 6.5
中盤の底からロングパスでゲームを作った。前線や最終ラインにまで顔を出し、広範囲に渡ってのカバーリングも光った。
 
19 中川寛斗 6.5(89分OUT)
精力的にボールを引き出すだけでなく、裏へ抜け出す動きで攻撃に勢いをもたらした。攻撃でも、縦横無尽にチェイシングを仕掛けていた。
 
25 小林祐介 6
不用意なタックルでイエローカードをもらったのは余計だったが、球際での強さを発揮して、こぼれ球を拾い、攻撃に厚みをもたらしていた。

柏――前半は苦戦していたD・オリヴェイラも、大仕事を果たし、高評価に。

FW
11 ディエゴ・オリヴェイラ 7(90+3分OUT)
当たりの激しい相手ディフェンスに苦戦し、前半はほとんどゴールに迫れなかった。しかし、64分にCKからこぼれ球を叩き込み、決勝点を挙げる大仕事を果たした。
 
14 伊東純也 6.5(81分OUT)
前半は守備網にかかり、持ち味をなかなか出せなかったが、後半にギアチェンジ。圧倒的なスピードで、右サイドから再三チャンスを演出。気持ちのこもった守備でも貢献した。
 
37 クリスティアーノ 6
センタリングに対して反応が悪く、得点機を逃していた。ただ、精度の高いクロスを配給し、決定機を作っていた。
 
交代出場
MF
34 ドゥドゥ -(81 IN)
疲労の見えた伊東に代わって投入され、右ウイングに入ると、献身的に上下動を繰り返した。89分のヘッドは決めたかった。
 
FW
9 田中順也 -(89分IN)
インサイドハーフで入ると、D・オリヴェイラと2トップのような形に。終盤には最前線に入り、ゴールを狙った。得点は奪えなかったが、コンディションの良さは窺えた。
 
DF
2 鎌田次郎 -(90+3分IN)
試合最終盤に出場。5バックの中央に入り、クローザーとして役割を果たした。
 
監督
下平隆宏 6
甲府の堅守を崩せなかった前半を受けて、後半はよりサイドからの攻撃を強めるように指示。1点リードで迎えた終盤には5バックに変更して、逃げ切りに成功した。
 
※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

1/3ページ

最終更新:9/26(月) 1:12

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。