ここから本文です

初代、2代目カローラに採用された「コーラボックス」って何?【Corolla Stories 11/50】

clicccar 9/25(日) 13:37配信

初代カローラはもともと2ドアセダンのみでデビューし、デビュー翌年にライトバンとともに4ドアが追加デビューしています。

【この記事に関する関連する別の画像を見る】



しかし、70年にデビューした2代目は2ドアセダン、4ドアセダンが最初から計画され、発表とともの揃ってデビューしています。ただし、まだまだカローラクラスでは4ドアは「ぜいたくな車」とされていたようです。まだまだ2ドアがポピュラーな時代だったのですが、そこにちょっと工夫がありました。



それはリヤシートの両サイドです。後席両サイドのデッドスペースを利用して、そのスペースにジュースなどの物入れスペースが設けられたのです。



面白いのは、そのもの入れを「コーラボックス」と呼んでいたことです。コーラの小瓶サイズ2本と、物入れスペースが設けられていたのですが、取り外しも可能だったのでごみ箱としても使うこともできました。



コーラ自体はペプシコーラ、コカコーラとも1957年に市販化されて、自動販売機で販売されたのが1960年代初頭から。とりわけコカコーラは1965年から1970年の間に売り上げを5倍にも6倍にも上げたと言われています。そんなことから、飲み物として、とくに若者のコーラ支持率は高く、そんなことが「コーラボックス」という名前をつけさせたのかもしれません。

(文:カローラせんせい/小林敦志)

最終更新:9/25(日) 13:37

clicccar

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。