ここから本文です

引っ張りだこの小日向文世 来年には主演映画も

デイリー新潮 9/25(日) 12:00配信

 ある時は悪徳社長(フジ系「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」)、またある時は霊感の強い住職(テレ朝系「スミカスミレ」)、レレレのおじさん(日テレ系「天才バカボン~家族の絆」)、大御所マンガ家(TBS系「重版出来!」)、そして総理大臣(テレ朝系「グ・ラ・メ!」)を、豊臣秀吉(NHK「真田丸」)を演じつつ、出ずっぱりなのが小日向文世だ。

 太閤殿下も亡くなり、一息つく頃かと思えば、

「いえ、10月期からは日本テレビの『ラストコップ』に。また9月10日からは、舞台『ディスグレイスト 恥辱』(世田谷パブリックシアター)で主演させて頂いています。あっ、来年2月には主演映画『サバイバルファミリー』が公開……」(所属事務所)

 小日向が引っ張りだこになったのはキムタク主演の「HERO」(01年フジ系)以降のこと。62歳ながら売れたのは21世紀に入ってからだ。それ以前は自由劇場に在籍する舞台俳優だった。

 その舞台を観ていたというのは、上智大学の碓井広義教授(メディア論)だ。

「やはり生の舞台でやってきた人ですから、これだけ出続けてもすり減らない。凄みのある悪人から、神様のようないい人、朝ドラ『まれ』で見せたエキセントリックなパティシエまで、振り幅の広さは一人の役者とは思えません。脇役が多いけれど、主役を立てつつ、印象を残せる役者だから、オファーも多いのでしょう」

「グ・ラ・メ!」では主役(剛力彩芽)を食っちゃったけど、それは仕方ないか。

「週刊新潮」2016年9月22日菊咲月増大号 掲載

新潮社

最終更新:9/25(日) 12:00

デイリー新潮

記事提供社からのご案内(外部サイト)

デイリー新潮

新潮社

「週刊新潮」毎週木曜日発売
「新潮45」毎月18日発売

「デイリー新潮」は「週刊新潮」と「新潮45」の記事を配信する総合ニュースサイトです。

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。