ここから本文です

こんな上司はクビ希望!「夜中にLINEでネチネチ説教」etc....

女子SPA! 9/25(日) 16:20配信

 自分がリストラされるのはイヤだけど、あの上司・先輩がクビになったらいいなぁ…と思うのはよくあること。

 今回、管理職、40代の同僚、部下・後輩の現役サラリーマン各200人、計600人にインターネットでアンケートを実施。「もはや会社に必要なし!」と思う人のタイプを選んでもらった(複数回答)。

 そのうち、部下・後輩から見たクビになってほしい人の特徴をお伝えしよう。表立っては口には出さないけど、こんな上司・先輩は消えてほしい!?

◆ムダにエラそうな上司は消えて~

 飲み会では上司にお酌し、理不尽なダメ出しにも我慢したりと、何かと気苦労が絶えないのが、部下&後輩世代。

 まず「自分の経験や知識を絶対視して、部下の意見に耳を貸さない」(118人)、「部下に強くあたる。パワハラ・セクハラ」(116人)など、ムダにエラそうな上司は当然、大不評だ。

「新人がミスしたら、その対処をすべて丸投げ。自分の仕事は上司の出張の飛行機や宿の手配だけ」(28歳・機械)

「少しでも指示と違ったことをすると怒鳴る。ガンコというか、もはや理不尽」(33歳・IT)

「会社で叱るのはいいんだけど、深夜にLINEでネチネチと文句を言ってくる。酔っ払っているのか、『なめてんのか』『人生考え直せ』とか、人格攻撃になってきてゾッとした」(30歳・広告)

 そんな上司に厳しい見方を示すのが、千葉商科大学専任講師の常見陽平氏である。

「40代は自分の仕事だけでなく、下の世代から期待される役割を自ら認識し、組織全体の成果が上がるように気を配ることが求められる。部下に仕事を丸投げして、ロクに進捗も確認しなかったり、若手のやることに逐一ダメ出しをするような態度はNGです」

 また、アンケートでは「派遣・契約、高卒社員に高圧的な態度」(116人)のように、人を見下すような上司・先輩は当然ながら不評だった。

「学歴重視の大手企業のためか、高卒入社の同期を遠回しにバカにする部長がいる。軽蔑します」(34歳・事務)

◆なんとなく気が合わない上司はイヤ!

 また、他の世代と比較して、特に否定的な声が多かったのが、「なんとなく気が合わない」(94人)。

「『だよね~↑』と今風に語尾をあげたり、カラオケで自分のノリを強要してくる」(26歳・製造)など、仕事と関係ない言動でもこういう上司・先輩は正直、ウザい。

「『バブル』と『ゆとり』の両世代に挟まれた40代はその反発心から無駄に偉そうな態度に陥りがち。その結果、周囲の評価と自己認識がズレて、部下には“ウザい”老害に映ってしまうのです」(常見氏)

 部下や後輩との飲みは1軒目でサクッと終わらせるのが得策かもしれない。

●こんな40代上司は消えてほしい

・面倒な仕事を丸投げし、椅子にふんぞり返っている

・セクハラやパワハラで職場の雰囲気を悪くする

・なんとなくノリや会話の内容が合わない

【常見陽平氏】

千葉商科大学専任講師。雇用・労働、キャリアをテーマに執筆、講演で活躍。最新刊に『サラリーマンの新しい掟 下積みは、あなたを裏切らない!』(マガジンハウス)がある。

―クビになる会社員の特徴【6】―

女子SPA!

最終更新:9/25(日) 16:20

女子SPA!