ここから本文です

タッキーのエアギターに夏ドラマの主演男優賞を!

女子SPA! 9/25(日) 16:20配信

【夏ドラマを勝手に表彰! 主演男優賞編】

 2016年夏ドラマが終了した。結果は『家売るオンナ/日本テレビ系』が平均視聴率11.59%で人気No.1に。不動産屋の話から、ラブストーリーにおなじみの刑事モノと割とバラエテイ豊富なストーリーが集まったけれど、イマイチ話題に上がらなかった夏ドラマ……。

 オリンピック中継が背景に放送されていたことが最大の理由だろう。そりゃ4年に1度の祭典ですもの、各テレビ局も中継に力を入れるだろうし、観る側も日の丸を全力で応援したくなる。実際私も夜中に軽く興奮しながらリアタイしていたもんね。

 とまあ、残念感が否めない夏ドラマを芸能ライターのスナイパー小林が勝手に主演、助演、ストーリーと賞を選出。ちなみに受賞者に賞品は用意されていないので悪しからず。

 まずは主演男優賞から紹介! 主演女優賞は残念だけど今回は該当者なし!!

◆タッキーのエアギターを夏の風物詩に認定したい

主演男優賞:滝沢秀明(TBS『せいせいするほど愛してる』)

 放送直後は「演技がひどい」「キャスティングが微妙」「別にティファニーが舞台じゃなくてもいいんじゃない?」と何かと物議を醸した『せいせいするほど愛してる』。それが昼ドラのようなジェットコースターロマンスで物語が展開され、次から次へと濃ゆい役者が登場。いつの間にか世間の女性たちは毎週火曜22時から目が離せなくなっていた。

 驚かされたキャスティングといえば、第6話に主役の栗原未亜(武井咲)の母親役で小林幸子が登場してきたこと。定番の毛先を流した一糸乱れぬヘアスタイル、寝るシーンだというのに崩れないメイク。ムダに通った鼻筋……そう、母親役ということを忘れてしまったかのような、ラスボス感満載な佇まいが印象的だった。

 そしてこのドラマの最大の見どころになったのが、タッキーのエアギターシーン。三好海里(滝沢秀明)はイライラしてくると、自宅を舞台にしてエアギターでストレス発散するのだ。第一回の放送直後は「なにごと……?」と呆気に取られて放送を見ていた。その時、SNSでは「タッキー エアギター」がホットワードに急上昇。全国の視聴者が狐につままれてしまった。

 このエアギターは音楽好きだった父親ゆずりの思い出、とドラマ後半で判明するのだが、あの唐突感はさんざんドラマを観賞し続けている私にも衝撃的だった。それが回を追うごとにクセになってしまうのだから、演出の力に降伏するしかない。

 改めてタッキーの顔をマジマジとドラマで久しぶりに見たのだけど、やっぱり文句なしの造形美。ジャニーズJr.という言葉を世の中に浸透させたのも彼だ。ついついタッキー&翼というユニットであることを忘れがちだけど、異常なまでのプロ意識の高さは将来ジャニーズ事務所を背負って立つ人と思わせてしまう。

 そんなイケメン&プロフェッショナルの彼がドラマでやりきったギャグなのか、マジなのか表裏一体のエアギター。これは間違いなくこの夏の金メダルだと、主演男優賞を贈呈!

<TEXT/スナイパー小林>

【スナイパー小林 プロフィール】

ドラマ解説、芸能、恋愛、カルチャー、美容・健康ネタ好きのライターであり、編集者であり。執筆や編集を手がけた媒体は100冊以上。約20年以上ドラマをこよなく愛し、ついには趣味が仕事になった幸せ者のアラフォー。Twitter:@hisano_k

女子SPA!

最終更新:9/25(日) 16:20

女子SPA!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。