ここから本文です

超絶コスパ!A4国産黒毛和牛サーロインの「贅沢肉重」が1,000円の新店が登場!

東京カレンダー 9/25(日) 5:20配信

今年は肉丼ブームが盛り上がりを見せているが、「肉丼」よりもゴージャスな「肉重」をいただくのはいかがだろう?

【この記事の全ての写真】

厳選した黒毛和牛のサーロインがたっぷり乗って、なんと1,000円という究極の贅沢牛づくし丼「黒毛和牛贅沢重」をご紹介しよう!

A5ランクの焼肉の名店が手掛けた、究極の専門店で「黒毛和牛贅沢重」を

『神楽坂翔山亭』は、一頭買いのA4~A5ランクの国産黒毛和牛を取り扱う焼肉店。そんな同店が昨年2015年9月に満を持してオープンしたのが和牛贅沢重のみに注力した『和牛贅沢重専門店神楽坂翔山亭』だ。

同店で取り扱うメニューは「黒毛和牛贅沢重」の一品のみ! 「松」、「竹」、「梅」と3種類が並ぶが、「梅」ならなんと1,000円でいただけるのだ!

「梅」ならシンプルに肉重のみで、それだけでも満足感が高いのだが、思い切って「松」を注文すると最初に「炙り握り」と「焼きしぐれ味噌」の突き出しが出てくる。

サッと炙る程度に焼き上げられた炙り握りはきめ細かなサシが入っており、口に入れたと同時にとろけるような食感だ。

焼きしぐれ味噌の香ばしさも加わり、これから登場する丼をますます楽しみにしてくれるメニューである。

そこから数分後でお待ちかねの「黒毛和牛贅沢重(松)」が登場する。蓋を開けると同時に目に飛び込むのは、器の半分近くを覆う「サーロイン」!

さらに、「ローストビーフ」、「特選ヒレ」、そして「黒毛和牛しぐれ煮」がぎっしりとご飯を覆い尽くした、まさに牛づくしの一品。

それぞれの見た目は違えどそのどれもがA4~A5ランクの国産黒毛和牛肉だと考えると、とんでもないコストパフォーマンスだ!

最初にサーロインを一噛みしてみると、スッと噛みきれるほどにやわらかく、ジューシーな黒毛和牛の旨味が口の中いっぱいに広がる。

それもそのはず、同店で取り扱う肉は焼肉屋『神楽坂翔山亭』で取り扱う肉質と同じものを使用!

さらに注文を受けてから塊肉をスライスし、炭火で炙ってから丼に盛り付けているので、職人が手がける絶妙な焼き加減の出来立て焼肉をいただいているのに等しいのだ。

1/3ページ

最終更新:9/25(日) 5:20

東京カレンダー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京カレンダー

Tokyo Calendar.Inc

2017年1月号
11月21日発売

定価800円(税込み)

RESTAURANT OF THE YEAR 2016
年末飲まずにいつ飲むの? 泡酒Award 2016