ここから本文です

休日美女デート:横浜の潮風に吹かれ、ジャズの音色に心揺れた夜

東京カレンダー 9/25(日) 5:20配信

夏の日差しも和らぎ、秋の季節が深まりつつある今日この頃。

「忙しい人ほど、遊んでる。」を体現する東京カレンダー読者の皆さんは、休日の過ごし方にもう少しバリエーションが欲しい! と感じている頃なのでは……?

【この記事の全ての写真】

これから本格的に秋のシーズンを迎える中、いつもとは違った休日の楽しみ方をご紹介。前回はボルダリングデートを紹介したが、Jazzに酔いしれる初秋の夜を過ごしてみるのはいかがだろうか。

「ねぇ、ニューヨークで私たちが行ったのって『Blue Note』?」里奈はスマホの画面を見ながら、秀樹に話掛けた。

ワシントン・スクエア・パークが近くにあったのは覚えているけど、たしかそうだと思う。
2人で旅行に行ってから、もう3年が経つのか……

「今度、横浜の赤レンガ倉庫で『Blue Note JAZZ FESTIVAL in Japan』っていうライブが開催されるみたい。ジョージ・ベンソン、マーカス・ミラーなどの大御所から若手の期待アーティスト続々登場、だって。行かない?」


里奈ってジャズ好きだったっけ?

「会社の先輩がジャズ好きで、よく聴きに行ってるみたい。先週は青山にある『BLUE NOTE TOKYO(ブルーノート東京)』に行ったらしくて、色々話を聞いているうちに面白そうだなと思って」



前日の夜から家に泊まりに来た里奈と、恵比寿にあるハワイアンレストラン「TSUNAMI」で昼食を食べた後、品川から京浜東北線で横浜駅まで行き、横浜線に乗り換えて桜木町駅へと向かった。

横浜線に乗り換えると、里奈は電車の窓の外を眺め、みなとみらいの景色の先に遠き日の思い出を浮かべてか、懐かしそうな顔をしている。

「この景色、懐かしいなぁ……中学時代は山手の学校に通ってたの」

里奈と秀樹は、JR桜木町駅の改札を出ると、ゆっくり歩きながら赤レンガ倉庫へ向かって歩いていった。


「ねえ、お父さんとお母さんの最初の出会いについて聞いたことある?」


どうしたの、急に?


「私の両親は、横浜のカフェで出会ったんだって。お母さんの友達が当時付き合っていた彼氏が連れてきたのが、お父さん」


へ~そうなんだ……

「関内駅の近くに『ルミエール・ド・パリ』っていう純喫茶があるらしいんだけど、2人が初デートで立ち寄ったことがあるって何度も聞かされたの。横浜には中学生までしかいなかったけど、2人の思い出の場所だからちょっと愛着があるんだよね」

2人は汽車道を歩きながら、大観覧車で有名な『よこはまコスモワールド』と『横浜ワールドポータース』の前をゆっくりと通り過ぎて行った。

1/4ページ

最終更新:9/25(日) 5:20

東京カレンダー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京カレンダー

Tokyo Calendar.Inc

2017年1月号
11月21日発売

定価800円(税込み)

RESTAURANT OF THE YEAR 2016
年末飲まずにいつ飲むの? 泡酒Award 2016

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。