ここから本文です

激安 VS 超高級 アナタはどっち派?人気料理6ジャンルを徹底比較!

東京カレンダー 9/25(日) 5:20配信

熟練の手際の良さで鳴らす庶民の味か、たまには素材からしてこだわる高級店でいくか。

肉丼、海鮮丼、ラーメン、カレーetc.を、高級と大衆の最上級を厳選して徹底比較。けっして価格で満足度は決まらない、その最たる例を以下に公開しよう。

【この記事の全ての写真】

『岡むら屋 御茶ノ水店』肉めし¥490

新橋

角切りにカットした牛バラ肉(カッパ)を大鍋でじっくり5時間以上煮込む。明治時代の牛鍋をヒントに生まれたとろとろの牛肉とたまねぎ、豆腐がのったごはんは醤油と合わせ味噌の絶妙な味つけで止まらなくなる美味しさだ。

希少なカッパを仕入れ、長時間煮込む手間で安く美味しく提供。ビール(中)¥250とも好相性

気軽に入りやすい店内

【一度は試してみたい最高級版】『銀座いしざき』シャトーブリアン丼¥20,000

2016年8月22日オープン。炊きたてごはんに、一番出汁とコンソメで炊いた松茸の餡。焼いてゆっくりと休ませ、サシの美しさ際立つシャトーブリアンは200g。バターでソテーした黒トリュフのコクもたまらない最高級の逸品。(税・サ料別)

牛一頭に数百グラムの希少なシャトーブリアン。A5・メスのみ使用

カウンターの奥に6名のテーブル席もある

『鮨英』日替わり海鮮丼¥500

旗の台

10周年を迎える寿司屋が誇る人気のランチ。酢飯の上に10種のネタがギッシリと並ぶ。築地の魚屋から友人価格で譲られる魚を使用するためネタは日替わりだが、本生マグロが必ず入ってこの価格。味噌汁・サラダ付き。

魚の尾に近い部位を使うこともワンコインの理由

ネタケースには新鮮なネタがズラリ

【一度は試してみたい最高級版】『築地 虎杖 うに虎 中通り店』国産こぼれうに丼¥9,590

最高の海鮮が集う築地の中でも珍しいウニ専門店の名物丼。時期により一番美味しいウニを文字通りこぼれる量で提供する。添えられたノリに巻いていただくもよし、大胆にすくって頬張るもよし。新鮮なウニを満喫して。

国産・海外産合わせて常時15種前後のウニがそろい、食べ比べも可能

静かで落ち着ける店内

『三吉』ラーメン¥300

初台

ご夫婦で切り盛りする、居心地のよいラーメン店。当初より続けている自家製麺は、コシのあるちぢれ細麺で、懐かしさ漂うシンプルな醤油味のスープと相性ばっちり。無化調・無添加のホッとする味わいだ。

1/2ページ

最終更新:9/25(日) 5:20

東京カレンダー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京カレンダー

Tokyo Calendar.Inc

2017年1月号
11月21日発売

定価800円(税込み)

RESTAURANT OF THE YEAR 2016
年末飲まずにいつ飲むの? 泡酒Award 2016

なぜ今? 首相主導の働き方改革