ここから本文です

松尾たいこさんが愛するおいしい店 そしてひとりごはんを楽しむセオリー

CREA WEB 9/25(日) 12:01配信

苦手意識を克服、ひとりごはんも楽しめるようになりました

 軽井沢と福井の家の周りは自然があふれていて気持ちのいい環境なのですが、夜はササッとひとりで食事に行けるような場所がありません。

 その反動で、東京にいる時に夫が不在でひとりの場合は、外食をすることが多くなります(何度も書いていますが、我が家の料理はすべて夫が作っているので)。

 数年前までは、ひとりで外食するのがとても苦手でした。だけど、今住んでいる代々木上原界隈には、おいしいお店がたくさんあるので、そんなこと言ってたらもったいない! 

 だから私なりの方法で苦手意識を克服し、いまではひとりごはんも楽しめるようになり、いくつか何度も伺うお気に入りのお店もできました。

 その方法とは、

(1) まずは夫や友達と行ってみる

 やはり初めてのお店にひとりでいく勇気はなかなかないのです。

(2) このお店ひとりで来る人も多いですか?  ときいてみる

 お店の雰囲気と味が気に入ったら、ちょっとリサーチ。

 ひとりごはんで大切なのは、「カウンターがあってひとりでも入りやすい」「コースなどでなくて単品で頼める」こと。食い意地が張ってる割に小食なので、小さい料理がいろいろ楽しめるお店が好きです。

 そしてカウンターがあるとお酒を楽しみやすい気がします。テーブル席にひとりだとなんか緊張してしまいます。

(3) 次回は、なるべく間をあけず早めの時間にひとりで行ってみる

 間をあけないのは、お店の方が覚えてくださっている可能性が大きいから。そして早めの時間なら他にお客さんが少なくて入りやすいので。わいわい賑わいすぎているとドアを開けられない小心者のところはまだ残っていますね……。

「あー早く行きたいなあ」って恋しくなるお店

 ここまで出来たら、そこは私の「東京ひとりごはんの強い味方」になるのです。

 そんなお店がいくつかできましたが、夜によく行くのはこの2店。どちらも徒歩圏内。やはり近いということも高ポイントになります。

1/2ページ

最終更新:9/25(日) 12:01

CREA WEB

記事提供社からのご案内(外部サイト)

CREA

文藝春秋

2016年12月号
11月7日発売

定価780円(税込)

おいしいもの、買いたいものいろいろ
贈りものバイブル

毎日使いたいベストコスメ発表!
村上春樹「東京するめクラブ」より熊本再訪のご報告

ほか

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。