ここから本文です

家事の「ルーティン」を速攻でこなす時短グッズ9種

NIKKEI STYLE 9/26(月) 7:00配信

 炊飯、物干し、掃除……。これら毎日のルーティン作業を時間短縮できれば、暮らしはグッとラクになる。

■僅か10分で“炊きたて”、専用米を使う高速炊飯器

poddi 神明精米実勢価格4980円(税込み)

 神明精米が2月に発売した炊飯器「ポッディー」は、専用のソフトスチーム米を使うと、僅か10分で茶わん1杯分(0.5合)が炊き上がる。従来の炊飯器では30分以上かかるうえ、炊飯前に米を数十分も水に漬けておく必要があるので、大幅な時間短縮につながる。ポッディーで米を炊いている間に電子レンジで総菜を温めておけば、より効率的な食事の準備が可能だ。忙しいときや一人暮らしにはもちろん、オフィスやアウトドアなどでも活躍しそうだ。

 炊飯量は最大で1.5合。一般的な炊飯器と同じように、普通の白米や玄米を炊くこともできる。

■握るだけで変形するハンガー、首元にスッと入って一瞬で干せる

gooper(グーパー) イメージクラフト実勢価格980円(3本セット。税別)

 握るだけで変形するハンガー「gooper(グーパー)」(イメージクラフト)も、時短につながる優れもの。Tシャツなど首回りが小さめの衣類は、ハンガーに掛けたり外したりするのに時間がかかる。しかし、このgooperなら一瞬。握ると縦に細くなり、首元にスッと入る。そして手を開くと、バネのように元の形状に戻ってハンガー掛けが完了。外すのも同様で、握るだけで服がストンと落ちてくる。耐荷重は500gまで。厚手の洗濯物の場合は2本重ねて使えばいい。

■肩から温風が吹き出すハンガー、大幅に乾かす時間を短縮する

温風ハンガー乾燥機 サンコー実勢価格5980円(税込み)

 雨でぬれた服をすぐに乾かしたい。そんなときに有用なのが、このハンガー型乾燥機だ。肩の部分から温風が出て、服が乾くのを早める。洗濯したTシャツを掛けてみたところ、僅か1時間で着られる程度まで乾いた。耐荷重は5kgで厚手のものにも使える。

■可動バーで干すスペースを拡大、風通しを良くして乾きを早める

ウイング アルミ風通しハンガー アイセン実勢価格2700円(30ピンチ。税込み)

 洗濯物が密集していると風が通りにくく、湿気がこもって乾くのが遅くなる。このピンチハンガーは、2本のバーが180度回転して外側に広がるのが特徴。洗濯物が多い場合はバーを広げ、風を当たりやすくして乾く時間を短縮できる。フックの角度が変えられ、壁の近くに掛けても水平に保てる。

1/2ページ

最終更新:9/26(月) 7:00

NIKKEI STYLE

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフスタイルに知的な刺激を。
生活情報から仕事、家計管理まで幅広く掲載
トレンド情報や役立つノウハウも提供します
幅広い読者の知的関心にこたえます。

Yahoo!ニュースからのお知らせ

なぜ今? 首相主導の働き方改革