ここから本文です

バイト面接 連絡なしでドタキャンする“不届き者”の割合は?

オーヴォ 9/26(月) 10:16配信

 アルバイトをするために面接を申し込んだはいいが、何らかの理由で行けなくなってしまったことはあるだろうか。採用側は忙しいなか面接の予定を入れたのにキャンセルされ・・・。エン・ジャパン(東京)が運営する求人サイト「エンバイト」がサイト利用者2,784人を対象に行なった「バイト面接」調査によると、アルバイトを探している人のうちバイト面接をキャンセルしたことがある人は36%、そのうち3割が、面接日当日にキャンセルしたことがあると回答した。

 バイトの面接をキャンセルした理由を聞くと、トップは「他のバイトが決まったから」(40%)だった。複数の仕事へ同時に応募しているケースが多いため、「売り手市場」である現在、採用側はスピーディーな対応が必要といえそう。このほかの回答では、「他の予定が入った」(26%)、「急な体調不良」(22%)が上位に入った。

 さて、気になるのは当日のキャンセル、つまり“ドタキャン”経験者が多いこと。その理由でトップとなった「急な体調不良」(37%)は仕方ないとしても、「面倒になった」という“不届き者”が4人に1人も! 「他のバイトが決まった」(22%)ためにドタキャンした人も少なからずいる。

 そして、キャンセル経験者に「応募企業にキャンセルすることを連絡したか?」聞いたところ、「連絡しなかった」は11%と、さすがに少ない。ところが、これを10代に限定すると3人に1人が連絡なしでキャンセルしたとか。おいおい、連絡することは社会の常識! たとえ、アルバイトでもしっかり対応しようよ。

最終更新:9/26(月) 10:16

オーヴォ

Yahoo!ニュースからのお知らせ