ここから本文です

佐々木希「下着恥ずかしい」イベントはふなっしー超え

Smartザテレビジョン 9/26(月) 5:00配信

佐々木希が9月26日(月)に写真集「かくしごと」を発売。25日に千葉・船橋のららぽーと TOKYO-BAY 北館1F中央広場で発売記念トークショーを開催した。

【写真を見る】佐々木希はラーメンを食べているカットについて「気を抜いていました(笑)」と告白

ふなっしーが記録した約800人を超える、同所の集客では最多の約1000人が見守るステージに登壇した佐々木は「皆さんの声を直接聞く機会はなかなかないのでうれしい」と笑顔を見せた。

写真集は「彼との2泊3日の旅行」がコンセプト。タイトルについて「お仕事をしていて、見せていない自分の姿を“かくしごと”としているのと、2泊3日の旅で“かくしごと”をせず、素の自分を見せるということから」と話した。

ホテルで撮影した下着姿については「ちょっと恥ずかしいですね。でも、そういう部分も“かくしごと”というタイトルにつながっているかな」と告白。

また、居酒屋で行われた親友・大政絢との対談については「お仕事で二人そろってインタビューとかはないので恥ずかしかったです。お互い褒め合うのも照れくさい。でも、感謝の気持ちを伝えられたし、いい機会をもらえました」と感謝した。

最後に「年齢を重ねていきますが、まだまだチャレンジしていきたい。舞台も経験して勉強になったし、またできたらと思います。怖さもあるけど、それを越えれば、また成長できるんじゃないかなって。失敗を恐れずにいきたいなと思います」と今後の抱負を明かした。

イベント後の囲み取材では「撮影の“彼”は誰を思って?」「(写真集で食べていた)ラーメンの店は誰かに薦められた?」「順調ですか?」などの質問が飛んだが、佐々木は「仕事ももろもろ幸せでいっぱいです。充実した日々を送っています」「本当の隠し事は言えないですね」などと笑顔でかわした。

ほか、この日は佐々木が専属モデルを務める女性誌「with」の創刊35周年記念イベントも同時開催。モデルの垣内彩未、スタイリストの小山田早織さんによるトークショーが行われた。

最終更新:9/27(火) 15:05

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
11月30日

特別定価:350円

表紙:岡田准一
みくり&津崎ムズキュン対談
秋ドラマ妄想結末予想
ジャニーズどデカ写真集

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。