ここから本文です

ホテルに海外ニュース番組配信 訪日客、無料視聴OK

NIKKEI STYLE 9/26(月) 7:00配信

 NTT西日本は、ホテルに海外のニュース番組をインターネット配信するサービスを始めた。アジア圏の報道チャンネルを中心に9カ国・地域から10局の番組をそろえる。東京五輪・パラリンピック開催で訪日観光客の増加が見込まれる。自国のニュースを旅先で見たいという訪日客の需要に応える。
 海外放送の配信を手掛けるオーバル(東京・千代田)と提携した。配信局には米ブルームバーグのほか、中国の深圳TVや韓国のYTNなどアジア圏の著名なニュース局をそろえた。
 一括で契約するため、ホテル側が支払う料金は1室あたり月額2000円程度になる。これまでは局ごとの単一契約が主流で、1局あたり1000円前後の料金が発生していた。宿泊客は無料で視聴できる。
 テレビをネットに接続する専用端末「光ボックス」を使い、番組を受信する。サービス専用に機器を調整しており、宿泊客が端末の電源を入れると自動で放送局を選ぶ画面に切り替わる。日本食や浴場の使い方など文化を紹介する多言語番組も放映する。
 ホテル設備の納入業者約50社を通じて全国で販売する。端末を導入する場合、初期費用として1室あたり2万円程度かかる。すでに受信設備がある場合は個別に対応する。部屋ごとに導入するため、訪日客向けの専用フロアを設ける施設でも対応できる。
 9月中に2局、年内にはベトナムやマレーシアの放送局3社と契約して配信局を増やす。需要があれば、宿泊施設ごとに施設や観光地を紹介するプログラムの作成・配信サービスも始める。
 都市部の大型ホテルでは自前で受信設備を持つ施設が多く、主に客室数で200室未満の中小型のホテルへ販売する。地方の温泉地などでも需要があり、NTT西日本では客室ベースで国内市場を40万室と推計する。2020年までに、端末の出荷ベースで10万台の販売を目標にする。
 訪日客数は15年度に2千万人を超えた。特にアジア圏からの訪日客数はここ数年の急激な伸びを支えている。
[日経MJ2016年9月7日付]

最終更新:9/26(月) 7:00

NIKKEI STYLE

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフスタイルに知的な刺激を。
生活情報から仕事、家計管理まで幅広く掲載
トレンド情報や役立つノウハウも提供します
幅広い読者の知的関心にこたえます。