ここから本文です

4割が情報漏えい 法人のセキュリティー危機は深刻

オーヴォ 9/26(月) 13:10配信

 官公庁や民間企業のセキュリティー対策についての実態調査 (トレンドマイクロ・東京)で、約4割が情報漏えいなどの「深刻なセキュリティインシデント」を経験、年間被害総額は平均2億1,050万円で、前年の約1.6倍と、大幅に増えていることが分かった。

 官公庁自治体と、民間企業の情報セキュリティー対策の意思決定者など1,375人を対象に調査。38.5%(530人)が、昨年1年の間に「個人情報の漏えい」や「生産・操業停止」など、ビジネスに影響を及ぼす「深刻なセキュリティインシデント」を経験したと回答。「社員情報の漏えい(23.3%)」や「顧客情報の漏えい(19.4%)」など、多くの個人情報が漏えいしている。

 システムの復旧費用や売上機会損失、再発防止策や補償などの二次的、三次的な被害額も含めた年間被害総額は、平均2億1,050万円。前年の平均被害総額1億3,105万円の約1.6倍だった。

最終更新:9/26(月) 13:10

オーヴォ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。