ここから本文です

20代女子の自撮り写真 SNS投稿に使えると思うのは○枚に1枚だけ!

オーヴォ 9/26(月) 14:51配信

 アナタは自撮り写真に満足してる? アイケア製品のボシュロム・ジャパン(東京)では、1日使い捨てカラーコンタクト「STARRY」発売を記念して写真投稿キャンペーンを実施中。それに伴い、「自撮り写真とSNS投稿」をテーマに意識・実態調査を行なった。対象は20代の女性500人。それによると、女性たちは、なかなか自分が納得できる自撮りができていないようで・・・。

 最初に、「自撮り写真」の満足度について聞くと、「90点以上」と回答した人は2割にとどまり、「SNS投稿がOKだと思える」自撮り写真は平均で6枚に1枚しか撮れないのだとか。人に見せる“写真うつり”が良い写真を撮るのは難しい!? さらに、こうした納得いく写真を80%以上の人が「SNSに投稿する際に写真を加工する」としている。女性の“写真うつり”に対する自己評価は厳しいのだ。

 このように自分で気にしていても、SNSでは自分が写っている写真が他人に投稿されてしまい、「そんな顔の写真、やめてくれ~」となることもある。そこで、自分の「納得がいかないうつりの写真」をSNSに投稿されてしまった経験があるか質問すると、84%もの人が「ある」と回答。およそ3人に1人が納得がいかない写真を投稿されてしまったことに対して、「その写真を削除してほしい気持ちになった」という。「自分以外の人の引き立て役になっている気分だった」(8%)とまで感じた人までいた。こうした事態では、自分でタグ付けを削除、あるいは投稿した人に削除の依頼をしたいところだが、それはいずれも1割程度。約3割の人が「思うところはあったが、言いづらくて特に対策はとっていない」と答えていた。

 納得がいかない写真について、特に写真うつりが不満な「顔のパーツ」は、「目・瞳・目もと(眉を含む)」が圧倒的! 約7割の人が写真では目を気にしている。表情とかは二の次なのだ。ちなみに、写真を撮られる際に「なりたいと思う理想の顔」を聞いたところ、トップは「ハーフ顔」(45%)だった。

最終更新:9/26(月) 14:54

オーヴォ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。