ここから本文です

ノンスタ・井上が吉岡里帆に猛アピール!「相手役、僕じゃ駄目ですか?」

Smartザテレビジョン 9/26(月) 9:00配信

株式会社リクルートマーケティングパートナーズでは、有名料理研究家やシェフがオンラインで料理を教えてくれる「ゼクシィキッチン」を9月26日(月)よりリニューアル。

【写真を見る】意外な料理の腕前を披露する井上

それに伴い、今回NON STYLEの井上裕介が、うろ覚えで料理を実践し、日頃から世話になっている4組のゲストをおもてなしする動画が公開される。また、相方の石田明がゼクシィキッチン先生として、別室で正しい料理方法を解説する。

「麻婆豆腐」編で料理の腕前を披露し、意外にも器用な包丁さばきを見せる井上だったが、開始早々「レッツ麻婆豆腐」と決めぜりふ。さらに「肉を炒める目安は?」と聞かれた井上は「お肉の表情が笑顔になったら」と答えるなど井上節が満載。すかさず石田も「食欲なくなりましたね」とツッコミを入れていた。

撮影後、誰に料理を振る舞いたいかを尋ねられた井上は「吉岡里帆さんです」と即答。ことし5月から「ゼクシィ」の9代目CMガールとして活躍する吉岡を見ていた井上は、「吉岡さんは関西出身で気が合うと思うんです。CMで共演している男性は僕じゃ駄目ですかね?」とアピール。

すかさず石田は「雰囲気が台なし。お前が入った途端コメディーになるわ」とツッコミを入れた。

最終更新:9/26(月) 9:00

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
11月30日

特別定価:350円

表紙:岡田准一
みくり&津崎ムズキュン対談
秋ドラマ妄想結末予想
ジャニーズどデカ写真集

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。