ここから本文です

“Dグレ”新作最終話、悔やむ仲間の前に現れたのは?

Smartザテレビジョン 9/26(月) 21:03配信

テレビ東京ほかで放送中のアニメ「D.Gray-man HALLOW」の最終回となる第13話『最終夜 ウォーカー』より、先行カットとあらすじを紹介する。

【写真を見る】第13話では、逃亡中のアレンが幼少時代を過ごした家へと向かう。3か月後、アレンを止められなかったことを悔やむリナリーらの前に、見覚えのある人影が歩み寄ってくる

本作は、シリーズ累計発行部数2350万部を超えるダーク・ファンタジーコミックスのアニメ新シリーズ。19世紀末、殺人兵器「AKUMA」を製造する「ノアの一族」と、それを唯一破壊できるエクソシストらの戦いを描く。エクソシストの少年・アレンは、ノア一族との戦いの中、何者かに筋書きされた「裏」の真実に近づいていく。

【第13話『最終夜 ウォーカー』】

逃亡中のアレンは雪道を進み、幼少時代を過ごした家へと向かう。シェリルは、ブックマンからロードと14番目の関係を聞き出すために、ラビを激しく痛めつけるのだった。

それから3か月後。アレンを止められなかったことを悔やむリナリーとマリの前に、見覚えのある人影が歩み寄ってくる。

なお最終回第13話は、テレビ東京では9月26日(月)深夜1時35分より放送となっている。

最終更新:9/26(月) 21:03

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
12月7日

特別定価:350円

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。