ここから本文です

なぜ番組スタッフは、とりあえず鈴木奈々をキャスティングしてしまうのか

週刊女性PRIME 9/26(月) 17:00配信

古舘プロジェクト所属の鮫肌文殊、山名宏和、樋口卓治という3人の現役バリバリの放送作家が、日々の仕事の中で見聞きした今旬なタレントから裏方まで、TV業界の偉人、怪人、変人の皆さんを毎回1人ピックアップ。勝手に称えまくって表彰していきます。第5回は山名宏和が担当します。鈴木奈々 様

 今回、僕が勝手に表彰するのはタレントの鈴木奈々さんである。

 どうして彼女があんなにもよくテレビに出ているのか、不思議に思っている方も多いのではないだろうか。実は僕も登場した当初は、すぐに消えると思っていた。しかし今もしっかり生き残って活躍している。

 僕が担当している番組でも、気がつくと彼女が出演している。「いつの間に鈴木奈々が!」と驚くこともしばしばだ。

 出演者を決めるキャスティング会議では、よくこんな発言が聞かれる。

「とりあえず鈴木奈々でも入れとく?」

 なんとも失礼な物言いではあるが、バラエティー番組の出演者にとって、この「とりあえず」扱いは強みである。

 なぜ番組スタッフは、とりあえず鈴木奈々さんをキャスティングしてしまうのだろうか。

 理由の一つは「リアクションのよさ」である。視聴者によくウザいとまで言われるあのリアクションだ。

 以前ある番組に鈴木奈々さんがゲストで来たときのことだ。番組の途中で虫だかトカゲだかを使ったゲテモノ料理をスタジオに出した。

 それを見た途端、彼女は絶叫しながらスタジオの端まで走って逃げ出した。MCの芸人が面白がって、料理を手に彼女を追いかける。

 叫びながらスタジオ中を逃げまくり、最後は足を滑らせ大開脚で転倒。

 ここまで派手にリアクションしてくれると、手間をかけてゲテモノ料理を用意したかいがあるというものである。

 と、ここまではテレビを見ていれば、なんとなくわかることだろう。だが、鈴木奈々さんがとりあえずキャスティングされる理由はもう1つある。

1/2ページ

最終更新:9/26(月) 17:00

週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」12月6日発売
号 / 毎週火曜日発売

定価390円(税込)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。