ここから本文です

【MLB】ヤンキースのポストシーズン進出は絶望的。田中将大ら防御率タイトル争いの行方

ベースボールチャンネル 9/26(月) 6:50配信

田中の今季登板はあと1試合あるかないか

 レギュラーシーズンも残り10試合を切り、ヤンキースがポストシーズンに進出する可能性はほとんどなくなった。だが、個人成績に目を向けると、エースの田中将大には、防御率のタイトルを獲得する望みが残されている。防御率3.07を記録し、9月24日の時点でタイガースのマイケル・フルマー(2.95)に次ぐリーグ2位につけている。

 このタイトルは、獲得すればサイ・ヤング賞投票においてプラスに働くだけでなく、ヤンキースでは1980年のルディ・メイ以来36年ぶり、日本人投手では初となる。野茂英雄は1995年と2001年にリーグ最多の三振を奪い、2013年にダルビッシュ有も続いたが、防御率、勝ち星のタイトルを手にした日本人投手はいない。1995年の野茂は防御率2.54ながら、上にはグレッグ・マダックス(1.63)がいた。2008年の松坂大輔(2.90)はリーグ3位、2013年の岩隈久志(2.66)とダルビッシュ(2.83)は3位と4位だった。

 現在、アリーグには防御率3.20未満の投手が6人いる。フルマーと田中、レッドソックスのリック・ポーセロ(3.11)、インディアンスのコリー・クルーバー(3.11)、ブルージェイズのアーロン・サンチェス(3.12)、ホワイトソックスのクリス・セール(3.19)だ。そこに、ホワイトソックスのホゼ・キンターナ(3.21)、タイガースのジャスティン・バーランダー(3.21)、ブルージェイズのJA・ハップ(3.28)を加えた9人が、タイトルの射程圏だろう。

 田中は腕の張りによって26日の登板をスキップするため、マウンドに立つのは多くてあと1試合だ。その前にヤンキースのポストシーズン進出が完全消滅するか、腕の状態によっては、このまま投げずに終わるかもしれない。1登板するとして、5回以上を投げて自責点0か、8回以上で自責点1なら、防御率は2点台に下がる。9回を完封すれば2.93だ。一方、直前の9月21日と同じく、6回で自責点4だと3.15まで上昇する。順位なので予想は難しいが、2点台であればタイトルは有望、3.07のままなら五分五分、3.15かそれ以上では獲得できないと見る。

1/2ページ

最終更新:9/26(月) 6:50

ベースボールチャンネル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。