ここから本文です

【自転車レース】アイオワで初開催されたシクロクロスW杯でバナールトが優勝!

CYCLE SPORTS.jp 9/26(月) 9:15配信

世界チャンピオンが2連勝

2016-2017シーズンUCIシクロクロス・ワールドカップ第2戦が、9月24日に米国のアイオワで開催され、世界チャンピオンでアルカンシエルを着たベルギーのウォウト・バナールト(クレラン・バストフートセルビス)が、3日前にラスベガスで開催された開幕戦につづいて優勝した。

バナールトはラスベガスでの転倒で左足の親指にヒビが入り、痛みを抱えたままアイオワで初開催されたワールドカップ第2戦に出場。2周目にメカニカル・トラブルで遅れたが、すぐ前方に戻ってきた。

レースは残り4周でベルギーのローレンス・スウェーク(ERAエステート・シルキュス)がアタックして先頭に立ったが、次の周回の丘越えでアルカンシエルのバナールトに追いつかれ、そのまま抜かれてしまった。

バナールトは開幕戦同様にそこから独走を続けて連勝した。2位はケビン・パウエルス(マルルクス・ナポレオンゲームス)、3位はスウェークで、アイオワでもベルギー勢が表彰台を独占した。

オランダのマテュー・ファンデルプール(ビオバンク・コレンドン)とラルス・ファンデルハール(ジャイアント・アルペシン)は、開幕戦につづいて第2戦も欠場していた。

第3戦は10月23日にオランダのファルケンブルフで行われる。


■テレネットUCIシクロクロス・ワールドカップ第2戦結果
[9月24日/アイオワ(ジングル・クロス)/米国/8 Laps]
1 ウォウト・バナールト(クレラン・バストフートセルビス/ベルギー)1時間02分47秒
2 ケビン・パウエルス(マルルクス・ナポレオンゲームス/ベルギー)+39秒
3 ローレンス・スウェーク(ERAエステート・シルキュス/ベルギー)+56秒
4 ジム・アールノーウツ(テレネット・フィデア/ベルギー)+1分30秒
5 ジャンニ・ブルミールシュ(ベランダスウィレムス/ベルギー)+1分31秒
6 コルネー・ファンケッセル(テレネット・フィデア/オランダ)+1分45秒
7 カンタン・ヘルマンス(テレネット・フィデア/ベルギー)+1分48秒
8 ディーテル・バントゥールンハウト(マルルクス・ナポレオンゲームス/ベルギー)+1分57秒
9 トーン・アールツ(テレネット・フィデア/ベルギー)+1分59秒
10 スティーブン・ハイド(米国)+1分59秒

■第2戦までの総合成績
1 ウォウト・バナールト(クレラン・バストフートセルビス/ベルギー)160 pts
2 ローレンス・スウェーク(ERAエステート・シルキュス/ベルギー)130 pts
3 ケビン・パウエルス(マルルクス・ナポレオンゲームス/ベルギー)109 pts
4 トーン・アールツ(テレネット・フィデア/ベルギー)104 pts
5 マイケル・バントゥールンハウト(マルルクス・ナポレオンゲームス/ベルギー)101 pts
6 カンタン・ヘルマンス(テレネット・フィデア/ベルギー)98 pts
7 ジム・アールノーウツ(テレネット・フィデア/ベルギー)95 pts
8 ディーテル・バントゥールンハウト(マルルクス・ナポレオンゲームス/ベルギー)94 pts
9 ジャンニ・ブルミールシュ(ベランダスウィレムス/ベルギー)93 pts
10 ロブ・ペーテルス(クレラン・バストフートセルビス/ベルギー)91 pts

最終更新:9/26(月) 9:15

CYCLE SPORTS.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

CYCLE SPORTS 2017年1月号

株式会社八重洲出版

1月号
毎月20日発売

670円